• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2018年8月 [ INFO TOP ] 

【応募資格】 
家具・インテリアや生活雑貨が好きな方、興味のある方
前向きに仕事に取り組める方
責任感のある方

【業務内容】
接客販売をメインとした店舗業務全般
【勤務形態】
月給制契約社員 ・アルバイト社員(グランフロント大阪店のみ)
【募集店舗】
ららぽーと豊洲店・西宮ガーデンズ店・グランフロント大阪店(2018年10月5日オープン)

【給   与】
月給制契約社員
関東:月給196,000円~(試用期間 176,000円)
関西:月給187,000円~(試用期間 167,000円)
※みなし残業手当15時間相当分を含む

アルバイト社員
関西:時給950円~(試用期間 920円)

【勤 務 日】
週5日 / アルバイト社員 週2日~
【勤務時間】
9時~21時30分の中で8時間(休憩1時間)
【休日休暇】
週2日、有給休暇  
【福利厚生】
各種社会保険完備、決算賞与、社員割引
【交 通 費】
全額支給(上限:3万円) / アルバイト社員 一部支給(上限:2万円)
【そ の 他】
正社員登用実績あり

【勤務開始】
募集店舗にて調整の上で決定。 / 大阪店:オープン前のため西宮店での研修も可能。
【応募方法】
電話またはメールにて承ります。※メールの場合は、必ず電話番号も記載してください

【採用窓口】
ららぽーと豊洲店
tel 03-6910-1200
mail karimoku60-toyosu@karimoku.co.jp

西宮店ガーデンズ店・グランフロント大阪店(オープン前のため西宮店にご連絡下さい)
tel 0798-62-6127
mail karimoku60-nishinomiya@karimoku.co.jp


皆様からのご応募、心よりお待ちしています。

記事の区切り線

IMG_E9699.JPG

みなさんも一度は夢中で遊んだことのあるおもちゃ。楽しくて飽きない、そして安全で長く使えるものがあったらいいですよね。今回はそんな願いに応える、木でできた温もりあるブロック「もくロック」のご紹介です。

IMG_E9698.JPG


2011年に山形県米沢市で誕生したもくロック。あそびを通して子どもたちへ自然の魅力を伝えるおもちゃ創りをコンセプトとし、子どもから大人まで幅広く愛されてきました。材料は国産の木材だけで、山形県の置賜地方で採取された無垢材を、ひとつひとつ丁寧に加工しています。
ニスや塗装剤などは一切使われていないので、小さなお子様が触ったりなめたりしても安心です。また樹木にはリラックス効果が得られたり、空気を浄化するフィトンチッド効果があります。木工製品のもくロックをただ触れているだけで、森林浴をしたときと同じように癒しや安らぎを与えてくれるのが嬉しいですね。

IMG_E9696.JPG


五感で楽しめるもくロックは、ブロックの組み合わせを考えながら組み立てるため、想像力と独創力が磨かれ脳の発育にもぴったり。「つくる」「こわす」の他に「片づけ」を教えるための教材としてもおすすめです。
遊び終わったあとのおもちゃを片づけることを癖付けしておくと、小さなころから整理整頓できるチカラが身につきますし、片づけあとにお子様を褒めれば親子のスキンシップを計ることもできて一石二鳥ですね。

5種類の樹種からなるブロックを、見て触って確かめる。ぜひお子様と一緒になって楽しんでください。子育ての時間を今よりもっと豊かにしてくれるもくロック。おひとついかがでしょうか。


株式会社 ニューテックシンセイ
もくロック
樹種:サクラ・ホウ・イタヤカエデ・シデ・カバ(無塗装)
24ピース 2,000円+ 税
48ピース 4,000円+ 税

※季節や環境によっては多少の膨張や収縮が起こる場合もあります。
また繰り返し使用することで突起部分が削れる事もあります。
自然の木で出来ている特性として予めご了承ください。

※豊洲店のみの取り扱いになります。


豊洲店スタッフ 西田 裕樹

記事の区切り線

京都府京都市 Sさん

2018.913.jpg

引越しのタイミングで国内ブランドの家具を検討していたところ、たまたま通りかかったカリモク60京都店に立ち寄りました。
座り心地の良さやサイズ、デザインと色合いが、すごく家の雰囲気と合うと思い購入を決めました。

普段は仕事で忙しくしていることも多い為、リラックスできる空間はとても重要で大きめのソファは横にもなれる上、座り心地がとても良く気に入っています。ソファと一緒にダイニングテーブルも購入しました。二人での生活ですが、少し大きめを選んだので食事以外でもパソコンやデスクワークに使えて、とても重宝しています。

海外のブランドと違って、色合いや雰囲気が日本家屋にとても合っています。ソファやテーブルのサイズも日本人の体型に合っていて、違和感なく自然で背伸びすることなく使えます。
次はテーブルに合わせてダイニングチェアが欲しいなと思っています。


フレームチェア1シーター スタンダードブラック
フレームチェア3シーター マスタードイエロー
オットマン スタンダードブラック
オットマン マスタードイエロー

記事の区切り線

9月28日(金)より、サントリーとのコラボレーションモデルと、テキスタイルデザイナー氷室友里さんとのコラボレーションモデルの、2つのKチェアが新しく定番のラインナップに加わります。

TaruMonogatari_900x900.jpg

ロングライフをコンセプトにした、カリモク60にぴったりの木材を使用した「サントリー樽ものがたり」。名前の通り、ウィスキーの熟成に使われた樽材を再利用して作られたKチェアです。

柔らかな黄金色と、バニラナッツのような香りをウィスキーにまとわせることができるホワイトオークのウィスキー樽。これらはウィスキーの原酒が漏れないよう、板の狂いが少ない貴重な柾目材で作られており、その樽材をKチェアに使用しています。長い熟成期間中にできたウィスキーの染み跡や、釘痕などが残ることもあり、樽材ならではの、唯一無二、かつ味わい深い仕上がりが特徴です。

幾星霜の時間が生み出す他にはない魅力を、素材に触れて感じてみてください。

YURIHIMURO_900x900.jpg

SHIBA のKチェアは、インテリアをもっと積極的に楽しんでもらいたいという思いから、氷室友里さんとのコラボレーションが実現。普遍性のあるデザインと、アートをミックスさせたモデルとして、今までにない新しいKチェアになりました。こちらはKチェアミニもご用意しています。

「人と布との関わりの中に、驚きや楽しさをもたらす」をテーマにテキスタイルをデザインされている氷室友里さん。今回のSHIBAは、使う人自身がハサミで布に手を加えることで、オリジナルの表情につくり上げることができる、遊び心溢れるKチェアです。氷室さんが幼い頃に体験した、芝刈りをしたときのワクワクした記憶をたどったモチーフの芝が、絵画のキャンバスのようで、目を引く後ろ姿に仕上げられています。

見て楽しみ、手を加えて遊ぶ。まさにインテリアを楽しみたい方にピッタリです。また、柄の位置は、縫製部品を取る位置で毎回変わりますので、自分だけの特別なKチェアを楽しめます。10月以降には、SHIBAのクッションカバーも順次発売しますので、楽しみにお待ちください。

今回の新商品は、展示店舗でのみご購入いただける商品です。ぜひ店頭にて実物をご確認くださいませ。


■Kチェア サントリー樽ものがたり
1シーター 価格:73,000円+税
2シーター 価格:106,500円+税

■Kチェア YURI HIMURO SHIBA
1シーター 価格:52,500円+税
2シーター 価格:87,000円+税

■Kチェアミニ YURI HIMURO SHIBA
価格:39,500円+税

■クッションカバー YURI HIMURO SHIBA(※カバーのみ)
サイズ:45×45(cm)
価格:12,000円+税

記事の区切り線

GreenFair2018.jpg

カリモク60新宿店では、9月14日(金)~10月14日(日)まで観葉植物のフェアを開催します。
通常のラインナップに加え、ベーシックで人気のある品種や育てやすいものを中心に、手のひらサイズのミニ鉢~背丈ほどある大鉢サイズまで、期間中は多数取り揃えます。

Greenfair1.jpg

●フェアメニュー

1. 一番人気のガジュマルが約40鉢入荷します!ポットサイズを中心に、大鉢サイズも数量限定でご用意しました。育てやすく個性的な樹形を楽しめるガジュマル。ぜひお気に入りを見つけてください。

2. 卓上サイズの鉢カバー20種類と、植物苗(500円+税~)が約100鉢入荷します。お好きな鉢と植物の組み合わせをお楽しみください。

3. 【フェア特典】期間中「植物苗と鉢カバー」をお買い上げのお客様に、国産の植物活性剤「土母(どうも)」のお試しサンプルをプレゼントいたします。

●大鉢サイズのご配送を承っております。
対象エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県 他
配送料金:例)23区内 3,000円+税 / 植物の専門業者がお届けします。

Greenfair2.jpg

Greenfair4.jpg

Greenfair3.jpg

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。


新宿店 店長 久米 麗一

記事の区切り線

バックナンバー