• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2013年1月 [ INFO TOP ] 2013年3月 →

播州織のクッションカバー「BasShu」から春を彩るWestsideシリーズが
今年も届きました。

播州織は、兵庫県西脇市を中心とする北播磨地域で
染められた糸を織り、加工した、一定の品質基準に達した織物です。
この地を流れる豊かな水が染色に適した軟水であることから、
1972年よりこの地で人々が自然と共存しながら育んできた伝統の
織物です。特徴は、糸を先に染め、染め上った糸で柄を織る
「先染織物」という手法です。
その独特な製法により、自然な風合い、豊かな色彩、素晴らしい
肌触りの生地となります。

その生地を用い、ブルーを基調に春らしいすっきりとした配色と
なっていますので、これからの季節にむけての爽やかな
インテリアコーディネートにおすすめです。
素材にはリネンを60%、コットン40%とリネンの配合率が高くなって
いるため、清涼感のある肌触りとなっています。
使い込んでいただくと、リネン特有のしわも入り柔らかくもなります
ので、使い込む楽しみも味わえます。

クッションはインテリアの中でも簡単に変えることができ、
大きくイメージも変えることができるポイントです。
これからの春にむけてクッションから、
コーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。


BasShu Westside リネンクッションカバー 45cm×45cm
各色 2,940円(税込)


西宮店スタッフ 新谷 拓也

記事の区切り線

この頃、日が長くなってきて春の訪れを感じる機会が増えてきました。
今回は、春に環境が変わり新しい生活を始める方や部屋に彩りを
入れたいとお考えな方へおすすめなFAIBER ART STUDIOのラグを
紹介します。

FAIBER ART STUDIOのラグは、ピストル型のフックガンと呼ばれる
機械で糸を基布に一本一本刺していくハンドタフテッドといわれる
国内でも希少な手法で作られています。
職人の手作業で作られるため、何種類もの太さの違う糸をあわせる
ことができ、シンプルな色合いながら表情のあるラグを生み出します。

その中でも一押しなのが、リネンの亜麻色をほど良くミックスした
ナチュラル感あふれる「エクリュー」です。
リネン特有のニュアンスを感じつつ、ウールがメイン素材のため
弾力性に富んだ踏み心地を感じることができます。
温かみのあるオリーブの色など、お部屋の雰囲気にあわせて選べます。

またオーダーラグなのでお好みの形で作ることが出来ます。
ソファのサイズにあわせるとソファの空間をより引き立てお部屋に
メリハリが出てきます。

店頭では図面にあわせて家具のレイアウトの相談も出来ますので
ぜひ図面やお部屋の寸法がわかるものをお持ちください。


FIBER ART STUDIO
エクリュー

素材:毛70%麻15%ポリエステル15%
40mmカット
耐熱ラテックス使用
防炎対応


スタッフ 田所 美紗

記事の区切り線

お部屋の中に植物があると、なんとなくリラックスできて、
自然と気持ちも和みますよね。
また空間の雰囲気を引き立たせたり、奥行き感を持たせたり、
さらには空気清浄効果なども得ることができます。

新宿店ではミニサイズの小鉢から大鉢まで、
様々なサイズと品種をご用意していますが、
その中で抜群の存在感がある大鉢をいくつかご紹介させていただきます。


[ガジュマル]180cm
主に東南アジアや沖縄が原産で、
肉厚で丸い葉と、ぷくっとした幹の独特な姿がかわいらしく人気の品種です。
別名「多幸の木」と知られ、沖縄ではキジムナーという「妖精の住む樹」
とも呼ばれています。

42,600円(税込)
 
 

[フィカス・ロブスター]180cm
関節が短く光沢のある丸い葉がきれいな、代表的なゴムの木です。
ゴムの木にも様々な種類があり、Kチェアに使われているゴムの木とは
異なる種類のものですが、昔はこのフィカス属のゴムの木から
天然ゴムの原料が採取されていたそうです。
寒さにも比較的強く、丈夫で育てやすいので
初めて観葉植物を育てる方にもおすすめです。

36,800円(税込)
 
 

[ディフェンバキア]150cm
幅広の葉に白い斑がかすり模様に入るとても美しい観葉植物です。
その模様は涼しげでどこかエキゾチックな雰囲気も感じます。
高さも低めなのでカリモク60の家具とも相性が良く、存在感もあります。

33,550円(税込)
 
 

[コンシンネ・トリカラー]180cm
こちらは薄い緑と、白、赤のストライプの模様が美しく、涼しげな印象です。
このドラセナ属の仲間は種類がとても多く、葉の形や色、模様なども様々です。

41,600円(税込)
 
 
観葉植物も生き物ですから、色や形、性質などそれぞれに個性があり、
ひとつとして同じものはありません。そこもまた大きな魅力のひとつです。

植物のある生活は、忙しく流れる毎日、何でもないありふれた日々を
少しだけ特別に感じさせてくれるかもしれません。


新宿店スタッフ 後庵野 あゆみ

記事の区切り線

京都市営地下鉄烏丸御池駅から歩いて5分のところにある「huku cafe」
を今回はご紹介致します。
この辺りはビジネス街ながら1歩路地に入ると京都らしい風景が広がり、
近くには世界遺産の二条城、お散歩がてらに少し足をのばすと京都の
中心街にも歩いて行ける距離にあります。

「huku cafe」は元々喫茶店だった所を改装され昨年4月にオープン
されました。店内は横長に広がり、入って左手はカフェチェアを中心に
お一人様でものんびりと過ごせそうなカウンター席があり、右手には
Kチェアとロビーチェアを中心にゆったりとした空間に。
ボリュームたっぷりの大きなプレートを乗せても広々と使ってもらえる
ようにと大きなテーブル、いい感じにツヤの出た床と間接照明の柔ら
かな光が店内に暖かな雰囲気を醸しだしています。

女性店主の木村さん自身もカフェ好きで、おいしいコーヒーを飲みながら
大好きな本を読むことが至福の時。
カリモク60を知ったきっかけも大好きな本の中からでした。
「本の中の写真を見たときにコレだと感じた」とお話されていました。

 

その日に食べる物は、その日の朝から作るためにゆっくりの12時オープン。
ビジネス街に位置しながらもあえて、ランチのセットメニューは用意せず、
京都のつくだ農園さんの有機野菜中心のお料理が一日中食べられるように
なっています。
「お昼時のざわざわした中で食事をすることよりもコーヒー1杯をゆっくりと
飲んで過ごしてもらいたい」というだけあってコーヒー豆にもこだわり、
注文を受けてから豆を挽きドリップしてくれます。
店内はドリップならではのコーヒーの香りが漂い、待っている時間も
楽しませてくれます。

「ここで過ごすお客様もゆったりと過ごしていただけています。
カリモク60を選んでよかった」とKチェアのアームを撫でながらお話されて
いたのが印象的でした。
時間を大切に毎日丁寧に暮らす店主さんのカフェだからこそ過ごせる
空間と時間がここにはあります。


huku cafe(フク カフェ)
京都府中京区新町通り押小路下る中之町32
BOXHOUSE 2F
営業時間 12:00~21:00
075-221-7566


<取材> 西宮店スタッフ 永嶋 美穂

記事の区切り線

カリモク60豊洲店は2月21日(木)
施設休館日によりお休みいたします。
その間での商品のご相談などは
新宿店にお問い合わせください。

新宿店TEL:03-5919-2890


豊洲店店長 外山 晴康

記事の区切り線

カリモク60ではチェアやテーブルだけでなく、
ミラーなどのインテリアや小物なども作っています。
今回は「カリモク60+」の中から2種類のミラーをご紹介したいと思います。


[スタンドミラー]

このミラーは1972年に販売開始されたサイドボードのデザインをもとに
生まれました。
木枠の素材はオーク材を使用し、四隅には木工職人の高い技術を必要とする
「留め構造」を採用。
内向きに角度をつけながら、合わせ目を45°ぴったりに組むこの技法は、
強度だけでなく見た目も美しく上品な仕上がりになります。

一般的なスタンドミラーに比べて幅60cmと全身がゆったりと写るサイズで、
壁に立てかけた時に床とミラーの下面がピッタリ接地するように、
あらかじめ下面に6度弱の角度をつけてあるのも工夫の一つです。
接地面に付属のフェルトを貼る事により、よりしっかりとした安定感が得られます。
壁から14~15cm離した位置が理想的です。

ミラーは、飾ることでお部屋に透明感や奥行きを出してくれる効果がありますが、
ベーシックですっきりとしたデザインは、寝室、玄関、リビングなど、
場所を選ばず様々な空間を演出してくれます。


[メーキャップミラー]

素材はラバートリーを使用し、スタンドミラーと同じ構造で作られた卓上ミラー。
こだわりは鏡面下部に飾り板をつけたことで、
鏡の前に置いた小物たちが写りこまないようになっているところです。
相性抜群なカリモク60+のデスクやチェスト、シェルフなどに合わせれば、
ドレッサーとしてもご使用いただけます。


 
 
お店では他の家具に比べてあまり目立たない商品ですが、
こういった小さいアイテムにまでも職人の技術とこだわりが
たくさん詰まっています。

毎日の身だしなみやインテリアの一部として、
ぜひ末永くお使いいただきたい自慢のアイテムのひとつです。


スタンドミラー
 ヴィンテージチーク色
 W600×D30×H1500(mm)
 43,050円(税込)
 ※転倒防止用金具付き

メーキャップミラー
 ウォールナット色
 W300×D32×H300(mm)
 12,600円(税込)
 
 
スタッフ 後庵野 あゆみ

記事の区切り線

可動式アームスタンドの元祖、Zライト。
元々は製図、精密機械加工、検査などの作業灯として使用されて
いました。
Z字のアームに、むき出しのスプリングのデザインは
1954年の発売当初からのものです。その当時からのメカニカルな
デザインは50年以上たった今、家庭用として愛され続けています。

ZライトのZは、アームの形状に由来すると同時に「究極」を意味し、
究極のスタンドに育てたい、という創業者の願いが込められています。
そして、その願いは半世紀を越えてしっかりと受け継がれ、高度な
実用性と優れたデザイン性を武器に、永く愛される照明の代名詞と
なりました。

アームとセード、たった2つの要素から
いかにオリジナリティあふれるデザインを生み出すか。
この徹底したものづくりへの熱い姿勢でZライトは独自のポジションを獲得。
「手元を自由自在に照らす照明」というそれまでになかった創造力から
誕生してから作業灯としての「働く光」は、自由な発想で楽しめる
「創造する光」へと進化し続けているのです。

別売りのデスクベース、フロアベースで、ワークデスクだけではなく、
ソファやベッドサイド、リビングなどのあらゆるシーンでもご利用頂けます。
Zライトは、これからの新生活スタートにも、快適な創造空間を演出して
くれることでしょう。

スタッフ 後藤 礼子

記事の区切り線

カリモク60新宿店ではスタッフを募集しています。
雇用条件は以下のとおりです。

■必須条件
・カリモク60や家具が好きな方、興味のある方
・責任感のある方
・前向きに仕事に取り組める方

【業務内容】 接客販売をメインとした店舗業務全般
【勤務曜日】 土日祝
【勤務時間】 11時~20時まで(内1時間は休憩)
【勤務開始】 即日。調整の上で決定します
【応募方法】 電話またはメールにて承ります
        ※メールの場合は、必ず電話番号も記載してください
【問合せ先】 カリモク60新宿店 採用窓口
         tel 03-5919-2890
        mail karimoku60-shinjuku@karimoku.co.jp
【そ の 他】 詳細は面接でご説明します


皆様からのご応募、心よりお待ちしています。


新宿店店長 日下部 聡

記事の区切り線

名前の通り、葉や茎がふっくらとしたアロエやサボテンに代表される
植物で、ふっくらした特徴的な姿は一度見たら忘れることが出来ません。

今回はそんな個性派揃いの彼らを紹介します。

多肉植物の魅力はなんと言ってもその見た目です。
とても自然のものとは思えない姿はちょっと気持ち悪くもあり、
それ以上に可愛らしくて不思議な雰囲気を醸し出します。


また、本来は乾燥した厳しい環境で自生しているものが多い為、
水やりの頻度も少なく簡単に育てることが出来ます。

一つでもかわいいですが、たくさん並べてお互いの個性を強調し合う
のも良いですね。
多種多様な植物の中でも、ひときわ強い個性を放つ多肉植物。
きっとお部屋のアクセントになってくれるはずです。
丈夫で育てやすく、これから植物を育てようと考えている方にも
ピッタリの植物なので、ぜひお部屋に置いてみてはいかがでしょうか。


豊洲店スタッフ 長畑 宏

記事の区切り線

私たちは日々、たくさんのものに囲まれ、たくさんのものを
使い生活をしています。
よく考えてみると、その暮らしの中の何気ない一つ一つも、
だれかの手によってデザインされ、たくさんの人の手を
通り形作られ、私たちのもとへとやってきます。
今回はそのなかのひとつ、時計についてご紹介します。

 
■「リキクロック」「小さな時計」     ■「銅の時計」「アラームクロック」


シンプルで見やすい文字盤、太さと長さにメリハリのある針。
これらの時計は、プロダクトデザイナーの渡辺力さんに
よってデザインされました。
渡辺力さんは1911年東京に生まれ、時計やインテリアなど、
日本の生活空間に合ったデザインを多様な分野で手がけて
います。 92歳の年にはリキクロックをデザイン、100歳を迎えた
昨年には、 100歳記念モデルの「銅の時計」が発売など、
60年以上も現役で活動をされていました。
最近も時計の新作に取り組んでいたそうですが、たいへん
惜しまれますが先日訃報が伝えられました。
渡辺力さんが多くデザインを手掛け時計は、
どのタイプも時計として最も基本的な時間の読み取りやすさを
重視してデザインされ、 細部にまで無駄がなくシンプルで
美しい形が特徴です。


最近では、家電に時計の機能が付いており、 各部屋にまで
時計を置いていない方も少なくないのではないでしょうか。
時計の役割は、時刻を知らせてくれることはもちろん、
空間に少し色を与えてくれるアイテムでもあります。
真っ白で何もない壁でも、時計が一つあるだけでお部屋の
雰囲気は変化します。
日本の生活空間を考えて作られた渡辺力さんの時計。
日常のなかにあるデザインされた時計は、お部屋の壁に
暖かさをプラスしてくれる時計です。


■リキクロック 5,250円(税込)~
■小さな時計 10,500円(税込)
■銅の時計 15,750円(税込)
■アラームクロック 6,090円(税込)


スタッフ 徳下 純子

記事の区切り線

← 2013年1月 [ INFO TOP ] 2013年3月 →

バックナンバー