• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 大切な人に贈りたいlinooのブランケット [新宿店] [ INFO TOP ] ロビーチェア50周年記念限定モデル発売 →

同じ模様が一つとしてないTOJIKITONYAの土鍋

吐く息も白くなり、手袋やマフラーなども必要になってくるこの季節。外側だけでなく体の内側からも暖かくなれば厳しい寒さも乗り越えられるはず!
ということで今回ご紹介するのはTOJIKI TONYAの墨貫入鍋&とんすいです。

墨貫入1.jpg


代々、陶磁器製品の卸売をしていた問屋業者が集合し、プロジェクトとして立ち上げたのがTOUJIKI TONYA。移り変わりの早い現在の市場の中で失われて行く、あるいは価値の見いだされない製品や技術の中にも素晴らしいものがたくさんあると考え、産地で培ってきた技術や製品を元に新しい価値観をご提案し、お客様の生活を豊かにすることを目的として数多くの陶磁器を取扱っており、この墨貫入鍋やとんすいもその内のひとつです。

墨貫入2.jpg

墨貫入鍋の一番の特徴が「ヒビ」。これを「貫入(かんにゅう)」と呼びます。
まず素地に釉薬と呼ばれるものを塗って焼きます。そうすることで釉薬が溶けてきれいなガラス質の膜を張ることができるのですが、冷ますときに素地と釉薬の収縮率の差を利用して意図的にヒビをいれたのが貫入です。
そしてその貫入を強調させるためにヒビの隙間に墨を流し込むことで「墨貫入」が出来ます。

意図的ですが自然なヒビ。
ひとつとして同じ模様が無いのでそれぞれ違った味わいがあり、見た目にもどこか暖かさを感じる墨貫入。そんな素敵な土鍋で暖かい冬を過ごしてみませんか?


TOUJIKI TONYA

墨貫入鍋
6号(φ19cm×H10cm)  価格:1,250円+税
8号(φ25cm×H13cm)  価格:2,450円+税
9号(φ28cm×H15cm)  価格:3,400円+税

墨貫入とんすい  価格:520円+税

※取り扱いは各店舗までお問合せ下さい。


スタッフ 柴生 敦

← 大切な人に贈りたいlinooのブランケット [新宿店] [ INFO TOP ] ロビーチェア50周年記念限定モデル発売 →

バックナンバー