• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2008年6月 [ INFO TOP ] 2008年8月 →

ハチ蜜の森キャンドルが入荷しました。

「ハチ蜜の森キャンドル」は、1988年日本で初めて蜜ろうそくの工房として、
山形県に誕生しました。
ハチ蜜の森キャンドルの蜜ろうそくは100%純粋な蜜ろうで作られ、
パラフィンなどの混ぜ物を使用する事はありません。
最後まできちんと灯る蜜ロウソクにするためには、上質な蜜ろうと、
大変な時間と労力をかけた精製作業がとても重要なのだそうです。
ハチ蜜の森キャンドルは、このように1つひとつ丁寧に手作業で作られています。

蜜ろうの炎は、油煙の出ない少し赤みがかった落ち着いた光を保ちます。
燃焼時間が長く消灯後も嫌な匂いがしないのが特徴です。
また蜜ろうの色は、ミツバチが食べる原料のハチミツの中に溶け込んだ花粉の色が
そのまま表れるため、季節の花によって微妙に色が異なります。
その色は、灯した時に溶け口で炎に透かし出され、独特の美しさをもたらしてくれます。

そんな蜜ろうの優しい光でキャンドルナイトなんて素敵です。
赤い紙で包装してある姿も可愛いので、ちょっとしたギフトにも喜ばれると思います。

1つひとつ手作りなので大量生産が出来ず、今回の注文からショップに入荷してくるまで4ヶ月・・・。
スタッフも心待ちにしていました。
そんな作り手の愛情と想いが伝わってくる優しい光の「ハチ蜜の森キャンドル」。
多くの方に手に取って頂けたらと思います。


カヌレ  630円(税込)
六角柱 840円(税込)
円すい 840円(税込)

記事の区切り線

東京下町の雰囲気が残る街、北千住。
夕方の買い物でにぎわう商店街を進むと、扉を開け放った南国のコテージのような店先に、
Kチェアの後姿を見つけました。
今回訪ねたのは、「Backpackers Restaurant NIHIRO」。
気さくな笑顔で出迎えてくださったのは、オーナーの米本さんです。
NIHIROは、銀座で長年腕を振るってこられた米本さんの、本格的なアジアン・中華料理を
気軽に楽しめるお店。

「旅をしている人が、ふらりと入って、そこでたくさんの人達と知り合って仲良くなる、
そんなドミトリーのような雰囲気のお店にしたかったんです。実際、別々に来店されたお客様が
ここで知り合って、次は一緒にご来店されるなんてこともあるんですよ。」と米本さん。

心地よいサーフミュージックが流れる店内は、中国の民家のような石の壁、古材を使用した
フローリングやカウンター、米本さんがカンボジアを旅して撮ったという大きな写真、
奥のほうには日本風の小上がり…と、まるでアジアの国々を旅しているような気分を楽しめます。
そしてその空間にブラックとモケットグリーンのKチェアが、初めからそこにあったかのように
並んでいます。

「まず、置くと決めていたのがKチェアなんです。Kチェアに他を合わせたようなものです。
反響がすごくて、どこのものかとよく聞かれますよ。」
北千住には、ソファに座ってゆっくり食事をとれるお店がほとんど無かったそう。
「本当のことを言うと、Kチェアは食事をするには少しだけ低いと思ったんです。
それで悩んだのですが、テーブルの高さをお店で使うグラスの高さや、出す料理などを考慮して、
ベストの58.5cmという高さでつくりました。Kチェアでくつろぎながら、料理も食べやすい。
なによりお客さんが気に入ってくれているので、良かったですよ。」と米本さん。


気になるお料理はというと、色鮮やかなホウレン草炒飯や生春巻き等、アジアン・中華といっても
さっぱりとして食べやすいメニューが豊富です。
一番のオススメは粉から取り寄せて、仕込みに5時間かかるという餃子。
ニラやにんにくを使っておらず小龍包のようにジューシーな味わいです。

その開放感あふれる店構えと、米本さんの陽気なお人柄、そして食欲を誘ういい香りにつられ、
ついつい足を踏み入れたくなるお店、NIHIRO。
Kチェアをきっかけに新しい仲間との出会いがあるかもしれません。


Backpackers Restaurant NIHIRO
 東京都足立区千住3-55
 17:00~24:00
 定休日:火曜
 TEL:03-5858-6763
 席数:23席
 URL:http://www.nihiro.jp/


<取材>豊洲店スタッフ 小幡 千夏

記事の区切り線

埼玉県さいたま市 Mさん

新居を購入したので、ダイニングテーブル&チェア、ソファ、TVボード、サイドテーブルを探しに
ららぽーと豊洲へ。そこで偶然出会ったのがカリモク60でした。
レトロな雰囲気でありながら、モダンでもあるデザインが、我が家の特殊な赤茶色のフローリングに
ぴったりで、とても気に入っています。コンパクトで圧迫感を与えないので、狭い部屋が広く感じます。
また角が無く丸みを帯びたデザインなので、私達のように小さい子供がいても
安心して使うことができるのがありがたいです。


ロビーチェア3シーター スタンダードブラック
  99,750円(税込)
オットマン スタンダードブラック
  22,050円(税込)
TVボード
  63,000円(税込)
サイドテーブル
  22,050円(税込)
ダイニングテーブル1500
  60,900円(税込)
ダイニングチェア スタンダードアイボリー
  35,700円(税込)
アームレスダイニングチェア スタンダードアイボリー
  26,250円(税込)

記事の区切り線

← 2008年6月 [ INFO TOP ] 2008年8月 →

バックナンバー