• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2010年1月 [ INFO TOP ] 2010年3月 →

「カリモク60」の現代的なセンスと、「カリモク」が長い歴史の中で培った高い技術と
高品質の素材を組み合わせてつくるこだわりの限定モデル、
カリモク60+カリモク(カリモクロクマル プラスカリモク)」。
第1弾の"001ウールグレー"は2008年10月に発売し、またたく間に完売してしまいましたが、
このたび皆様の熱い期待にお応えして、第2弾が発売されます。
豊洲店では3月3日(水)、西宮店では3月5日(金)から展示する予定です。


今回のKチェアは日本国内産の木材にこだわり、岩手県八幡平で伐採された
希少価値の高い「胡桃(クルミ)」と「」を使用しています。
塗装はクリア塗装とし、できるだけその木肌の美しさを生かした仕上げにしました。
もちろん、シート横には「カリモク60+カリモク」のプレートも打ち込まれます。

張地は、前回の001ウールグレー同様の高級天然素材「フラノウール」で、
明るいアームとのコントラストが映える落ち着いたブラウン色で張り込んでいます。
フラノウールとは、ウール繊維を水で丹念に洗い流し繊維同士をより絡ませ合う事で、
フェルトのような風合いを醸し出している素材です。

001ウールグレーの記事はこちら

※左側が「胡桃」モデル、右側が「栗」モデルです


今回は贅沢にも、この貴重な2モデルを同時発売するのに加えて、
初のリビングテーブル限定モデルも発売してしまいます。

脚部と棚板部分には胡桃と栗のムク材を使用し、
天板表面は、リビングテーブルカフェブラウン色と同じメープル柄のメラミン化粧版仕様です。
今回の「カリモク60+カリモク002」のカラーリングに合わせて作られましたが、
ロビーチェアなどの張りぐるみタイプのものにセッティングしても良いと思います。

今回のKチェア限定モデルも全国で各70台のみ(リビングテーブルは60台)の少量生産と
なりますので、かなりの反響が予想されます。
001ウールグレーの時は完売後もしばらくお問い合わせが絶えませんでしたので、
ご希望の方はお早目のお買い求めをお勧めします。

注:お客様へのお届けは、早いものでも3月20日以降となりますので、
  あらかじめご了承ください。


カリモク60+カリモク 002
Kチェア1シーターリミテッド「ウールブラウン/胡桃」・「ウールブラウン/栗」
W:645 D:700 H:700 SH:370(ミリ)
60,060円(税込)

Kチェア2シーターリミテッド「ウールブラウン/胡桃」・「ウールブラウン/栗」
W:1330 D:700 H:700 SH:370(ミリ)
90,300円(税込)

木部:「ウールブラウン/胡桃」  鬼胡桃(オニグルミ)材
    「ウールブラウン/栗」    山栗(ヤマグリ)材
   ※天然木のため、1台1台木目は異なります。
塗装:クリア塗装
張地:ウール90% ナイロン10%

■胡桃材と栗材について■

日本の森林率は、先進国の中ではフィンランドに次いで2番目で、
世界でも有数の森林国と言えるのですが、実はその木材資源が積極的に使われずにいる
というのが現状なのです。
杉や檜(ヒノキ)といった針葉樹は成長が早く、人工的に植えられたものがほとんどですが、
胡桃や栗といった広葉樹は、自然の力で生まれ育ったものがほとんどです。
しかし、これらの広葉樹も100年以上経ってしまうと徐々に老化し始め、
ついには枯れてしまいますので、その前に木材資源として有効活用したいものです。

クリ材は、日本古来より建築材としても利用されており、タンニンを多く含み腐食や虫害に強く、
さらに水にも強いということで家屋の土台やかつては鉄道の枕木に使われていました。
また、加工の仕方によって風流な趣に富んだ表情になるため特に京都で好まれ、
祇園の情緒は、クリ材でつくられた格子や柵、欄干がある建物のたたずまいと切り離せないものです。

クルミ材は、木材として日本国内では一般的に「ウォールナット」という名称で扱われています。
「ウォールナット」はチークやマホガニーと共に世界三大銘木の一つに数えられるほど有名です。
木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、また狂いが少なく加工性や着色性も良いという
特性を持ちます。落ち着いた色合いと重厚な木目から高級家具材や工芸品に用いられてきました。
また、耐衝撃性の強さを活かし、ライフルの銃床としてこれに勝るものがないと言われています。
現在国内で流通しているもののほとんどが北米やカナダ産です。
クルミ材は産地によって材の色に差があり、今回使用したクルミ材は大変貴重な国内産で、
独特の優しい茶褐色の木肌が特徴です。

記事の区切り線

カリモク60豊洲店では、3月2日(火)まで「新生活ファブリック」のご提案をしています。

新生活に向けてお部屋のコーディネートを考えている方はもちろんのこと、
今のお部屋に彩りを加え、より心地良いお部屋にしてみていかがでしょうか。

流行に敏感なテキスタイルの世界ですが、その時に良いと思った華やかな柄物も、
3年も経つと一昔前のものになってしまうこともあります。

カリモク60ショップでは、信頼のおける国内メーカーで、
流行に左右されず永くお使いいただける比較的シンプルなカーテンを取り揃えています。
最近では、バリエーション豊富な色生地とボイルレースとの組み合わせで、
人とは違う個性的な空間を楽しむ方も多いです。


クッションは、椅子張地にも使用できる耐久性の高い生地で、
春を感じさせるソフトなカラーで製作してみました。
サイズは一般的な45cm角と、意味ありげな30cm×45cmの長方形です。

くつろぎの用途で座り方や体勢も変わり、ソファの奥行きやフィット感が気になることは
ありませんか?
特にロビーチェアはゆったりとくつろいでいただけるサイズなので、
小柄な方だと奥行の深さが少し気になるかもしれません。
そんな時に活躍するのが長方形サイズのクッション。
腰の隙間を調節しつつ、背中をソファの背モタレにあずけると
安定して快適なシートポジションが確保でき、ソファと身体のフィット感を感じていただけます。


オーダーカーテンやシェードとお揃いの生地でクッションカバーもお作りできますので、
是非この機会にご相談ください。


クッション 45×45(cm)
 4,900円(税込)

クッション 30×45(cm)
 4,305円(税込)


豊洲店スタッフ 栗原 麻衣子

記事の区切り線

「今日も寒いね。」
そんな言葉から始まる毎日を、2月は多く過ごした気がします。
あまりの寒さに、風邪を召された方も多いのでは。

植物もまた例外ではなく、この寒さに少し元気をなくしてしまったものもいましたが、
春の訪れを前に復活を遂げ、小さな芽を見せ始めています。
生命のたくましさを感じる今日この頃です。

本日ご紹介するのは、「小さな鉢から始める、植物のある生活」です。
とっても可愛い植物たちが入ってきました。

デスクの上に置いても邪魔にならないサイズで
疲れを癒してくれる、まるで小鳥のような大きさです。
植物は「アクアセラミック」で育てていますので、お手入れもしやすいですよ。

「アクアセラミック」とは、良質な粘土を高温で焼いたもの。
セラミスと同じ機能をもっていますが、大きな違いは「つぶれにくい」ということです。
また、次の水やりのタイミングもわかりやすく、表面が白っぽく変色し、固まりだしたら
鉢の容量に対して1/5程度あげていただくだけで大丈夫です。

春の訪れの前に、新しい習慣を始めてみてはいかがでしょうか。


豊洲店スタッフ 松原 珠理

記事の区切り線

★今回の募集は締め切らせていただきました。ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました★

カリモク60西宮ガーデンズ店では、週3~5日の勤務が可能なスタッフを募集しています。

今現在、高い接客スキルを持っていなくても大丈夫です。
「カリモク60を多くの人に伝えてみたい!」という思いを持った方を歓迎します。

雇用条件は以下のとおりです。
■必須条件
・カリモク60が好きな方、興味のある方
・責任感のある方
・前向きに仕事に取り組める方

業務内容:接客販売を中心とした店舗業務全般
勤務日:週3~5日
勤務時間:9時~21時30分までの内でシフト制(時間応相談)
勤務開始:3月中旬(調整の上で決定します)
応募方法:電話またはメールにて承ります
問合せ先:カリモク60西宮ガーデンズ店
         tel 0798-62-6127
        karimoku60-nishinomiya@karimoku.co.jp

その他:詳細は面接でご説明します


皆様からのご応募、お待ちしています。


西宮店店長 青野 英樹

記事の区切り線

東京都小平市 Aさん

インテリアについて色々と調べていたら、出逢ってしまった。
それが「カリモク60」でした。

彼女と暮らすために引越しをして、新生活の家具を検討し始めました。、
共働きで一緒に過ごせる時間が少ないため、せめてリビングはゆったりとした時を共にしたい
と考え、雰囲気があるものを探していました。
それまでは北欧だのミッドセンチュリーだのとカタチにとらわれすぎていて、
使い心地や機能性、メンテナンスのことなど気にも留めていませんでしたが、
何気なく見ていた「カリモク60」のコンセプトページで凛と佇むDチェアと出会い、
「おや?」と思ったのです。

幼少の頃、テレビで見た大人の雰囲気。
でも、今でも斬新に映るデザインと佇まい。
永く使えて変わらないもの・・・。
そこで、実際に一度見てみようと、豊洲店へ向かいました。

テーブルは、日本の建物を考慮した圧迫感のない程よい高さになっていて、
チェアに座ってみると、広めにとられた身幅や、どんな姿勢で座っても肘が痛くならない
アームの曲線などから作り手の気持ちが込められているのを感じ、購入を決めました。
担当していただいたスタッフの方に、家具以外のカーテンやラグなどのコーディネート
の相談にも親身に応えていただけたのも、購入の決め手となった大きな要因でした。

購入から数ヶ月が経ちますが、使い心地はもちろん、やはり雰囲気があっていいなと
満足しています。
そこにあるだけで、ゆったりとした時間を届けてくれる家具。
生産性やコスト重視のモノが溢れてる中、これからもずっと変わらず共に過ごせる
「仲間」であってほしいと思います。


Dチェア スタンダードブラック
 38,850円(税込)
Dテーブル ウォールナット色
 56,700円(税込)

記事の区切り線

兵庫県尼崎市 Iさん

自分のイメージに合ったソファーを探していたところ、
以前セレクトショップに置いてあったKチェアを思い出し、
西宮ガーデンズ店へ購入しに行きました。

永く使うから、飽きがこないデザインがいい。
Kチェア2シーターはそんな思いにも応えてくれます。
圧迫感のない背もたれや上げ足も、部屋が広く見えるので気に入っています。
商品が届いてからは、KチェアでくつろぎながらTVを見ていますが、
最近はオットマンも欲しくなってきました。

Kチェア2シーター スタンダードブラック
  51,450円(税込)

記事の区切り線

2009年12月にカリモク60+から新商品を発売しました。
以前こちらで、新商品についてご紹介させて頂きましたが、
発売以降、「こんなのが欲しかった」と、皆様より嬉しいお声を頂いております。

そこで今回は、皆様にご好評をいただいているカリモク60+のデスクを、
よりイメージをつかみやすい様に、詳しくご紹介させていただきます。
 
 
デスクのサイズは幅90cm奥行き55cm高さ67.5cm。
すこし小さなデスクです。
実際にノートパソコンをデスク上に置いてみるとこうなります。

必要な物が丁度置けるサイズで、デスク上の奥の物にも無理なく手が届きます。
デスクの高さも一般的な物より低めになっていますが・・・・・。
座ってみると、意外に窮屈ではない。
秘密はデスクとチェアの高さの関係にあります。

本来デスクとデスクチェアは、
靴を履いて座る事を前提に作られているので、両方共、高めにデザインされますが、
こちらのデスクは、ダイニングチェアの座面からデスクの高さを設計しました。

ダイニングチェアは当然靴を脱いで座る事を前提としてデザインされているので、
デスクチェアよりは座面が低くなっています。
それに合わせて、デスクも低めにデザインしていますので、
実際にダイニングチェアとデスクを合わせて頂くと違和感なくお使いいただけます。
窮屈な思いをせずに、お使いいただけるのは、
デスク天板と座面の間隔を一定に保っているからなのです。

「デスクは低いと使い難い」という方がいらっしゃいますが、実はそうではなく、
デスクとイスの関係が良ければ、当然使いやすくなる訳です。

デスク下には引出が付いていますが、左右にスライドしますので邪魔になりません。
また、引き出しは良く開け閉めしなければならないので、
利き手側にレイアウトすれば、より機能的にお使いいただけます。

デスクの塗装色は、中間色のウォールナット色なので、
どんなお部屋でもイメージを損なうことなく、合わせられます。
もちろん、カリモク60の商品との相性も良く、
デスク×ダイニングチェアⅡタープグリーンは、お勧めです。

塗装色はもちろんなのですが、デスク上での作業やキーボードへのタッチがしやすく、
見た目も一番バランスよくまとまります。

コンパクトに収めたい方は、デスク×スツール

デスクの下にスツールが収まるので、使わない時のスペースを有効利用できます。

ちょっと姿勢を崩し、リラックスして使いたい方にはデスク×Dチェアの組み合わせ
はいかがでしょうか。

Dチェアは背もたれにもたれやすい様に角度をつけてありますので、
ゆったり寛いでお使いいただけます。

このように様々な組み合わせができる絶妙のサイズのデスクです。
チェアとデスク、お気に入りの組み合わせを探されてみてはいかがでしょうか。
豊洲店・西宮店とも展示しておりますので、ぜひ実際にご覧になってください。


デスクウォールナット色
W:900 D:550 H:675 (mm)
49,350円(税込)

チェストウォールナット色
W:310 D:550 H:675 (mm)
39,900円(税込)

アームレダイニングチェアII タープグリーン
W:510 D:515 H:740 SH:425 (mm)
27,300円(税込)

Dチェア スタンダードブラック
W:620 D:600 H:695 SH:405 (mm)
38,850円(税込)

スタッキングスツール モケットグリーン
W:470 D:415 H:445 SH:435 (mm)
19,950円(税込)

記事の区切り線


絵本の中の世界にワクワク、ドキドキした感覚。
大人だってあの頃の気持ちを忘れない。
そんな想いを受け止めてくれる空間がここにあります。

今回ご紹介するのは、横浜駅西口から徒歩3分。
周辺のにぎわいとは異なり落ち着いた雰囲気のオフィス街に、
1月20日にOPENされた「F+ affinity dining」。
相性の良い食事の提案=「マリアージュ」をコンセプトに、ハンバーガーやパスタにピザ、
お肉料理など豊富な種類のお食事と、飲み物の相性を楽しんでいただけます。
中でも、ビールは30種類以上あり、優しくひろがる紅茶の香りと柚子の組み合わせに、
すだちの苦味が絶妙なアクセントの、ここでしか味わえないF+オリジナルビールはお勧めです。


「人と人との出会いを大切にしたい。」そう語る、美容師の顔も持つオーナーの千葉さん。
昔、先輩に連れて行ってもらったお店に並べられていたのがロビーチェアだったそう。
この出会いより、その後に開かれた美容室ではくつろげる待合室にしたいと考え、
ロビーチェアを置かれ、ご自宅ではKチェアをご愛用されるほどのカリモク60ファンに。


店内は個性溢れるアイテムによって創り出された大人の空間が広がっています。
あえて目を引く天井の緑色が、個々に演出された空間に不思議なまとまり感を与え、
全体の雰囲気は甘くなりすぎないよう、男目線のハードさがほどよくプラスされています。
それは、これまでの出会いの中で創り出されたインスピレーションや千葉さんの人柄、
美容師のセンスによるもの。

その中に、どこに座ろうかと贅沢な悩みを深めさせる4種類のKチェアエリアリミテッドの姿。
シルバーに塗装された木の照明がKチェアエリアリミテッドを照らし、
一見、非現実的な世界を感じさせながらも何故だか落ち着くこの雰囲気は、
木の下で語り合っているかの様。

それぞれ異なった表情を持つリミテッドの組み合わせに、Kチェア好きのあなたも必ず、
ワクワク、ドキドキしてしまうのでは。



新しい発見ができる「F+ affinity dining」。
今日はどんな出会いがあるのだろう。


F+ affinity dining
 神奈川県横浜市西区北幸1-5-4三協ビル5F
 17:00~25:00
 定休日:不定休
 席数:42席
 TEL:045 -534-9966
 URL:http://www.typeab.com


<取材>豊洲店スタッフ 栗原 麻衣子

記事の区切り線

← 2010年1月 [ INFO TOP ] 2010年3月 →

バックナンバー