• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2010年7月 [ INFO TOP ] 2010年9月 →

「d design travel OSAKA」


デザインと旅するトラベルガイドブック
「d design travel vol,3 OSAKA」が発売されました。

このガイドブックは、観光スポットと呼ばれる場所を紹介しているのではなく、
編集長のナガオカケンメイさんが実際にその土地を周り、その土地で出会った
「観光」「食事」「お茶」「宿泊」「買物」「人物」を紹介しています。

紹介されているもの1つ1つ
なぜ、それが誕生したのか・・・?そこにあるのか・・・?
それに関わった人たちの思いなど、
ぎっしりと本に詰め込まれています。

大阪特集では
安藤忠雄さんの大阪への思い
雑誌「Meets Regional」との地元密着型の大阪の紹介など。
実際にそこを訪ねてみたいと思わせてくれる内容です。

第1弾「北海道」、第2弾「鹿児島」も店頭にございますので
行き先は決まっていないけど
「どこかにいきたいなぁ・・・」と思われている方は
ぜひ1度手にとってご覧下さい。
きっといつもと違った旅ができるのではないでしょうか?

 「d design travel OSAKA」
  980円(税込)

スタッフ 永嶋美穂

記事の区切り線

ご好評いただいています直営店限定のペンスタンドに新色が登場しました。
素材はハードメープルで、塗装はその木地の美しさを表現するため、
艶をおさえたクリアの塗装を施しています。

落ち着いて重厚感のあるダニエラ材とは対照的な雰囲気で、
シンプルでキレイメなデスク周りにぴったりです。


ところで、このペンスタンド。
実はカリモクの工場ではかなり苦労をして作っています。
本来大きな家具を作っている木工メーカーなので、
ペンスタンドのように小さいものを加工する設備が少なく、
どうしても手作りの要素が多くなってしまうのです。

これは木工加工だけではなく塗装でも同じことがいえ、
裏面まで家具の品質で工程を重ねウレタン塗装を行うなど、
かなりの手間を掛けて作業をしています。

当然、ペンスタンドだけを作っている人がいるわけではないので、
本来の仕事が立て込んでいると、店頭で欠品になってしまうこともあります。


一つひとつ丁寧に、ペーパーで仕上げています。


塗装前の状態です。奥がダニエラ、手前がハードメイプル


ハードメープルは野球のバットでも有名な木材で、かつては青ダモやホワイトアッシュが
主流だった頃、大リーガーのバリー・ボンズがメープル材のバットで年間73本塁打の
新記録をマークしてから一気に広まり、今ではバット素材として主流になったそうです。

単に木目や色の違いを眺めるだけでなく、木材の個性や歴史、
その木にまつわる物語などを知るのも楽しいものですね。


カリモク60直営店限定
ハードメープル材ペンスタンド
1,680円(税込)

カリモク60直営店限定
ゼブラバンカースボールペン(黒・赤)
※カリモク60ロゴ入り
各262円(税込)

記事の区切り線

大阪府枚方市 Yさん
 

転職を機に、家でゆったりと過ごす時間が増えくつろぎや豊かな時間を
過ごしたいと思うようになりソファの購入を検討するようになりました。
ソファの購入は初めてだったので、インテリア雑誌を読んでいると、
どの雑誌にも登場しデザイン・機能性の評価は高く、いつの間にか自分の
中で憧れのソファとなっていました。

2人掛けでも軽量かつコンパクトなKチェア2シーターは部屋が狭く、
模様替えが好きな自分にピッタリ!主張しすぎないデザイン、
優しい色合いのカラー、そして何よりも優しい肌触りに惹かれ
モケットグリーンを購入しました。

和室から洋室へ最近引越しましたが、「思ったとおりどんな部屋にも
・どんな空間にも合う」ということが発見できました。
シンプルなデザインは主張しすぎる事が無く、多くの人に多くの場所
で愛され続けてきた理由がはっきりとわかった瞬間でした。
Kチェアの良い所は、他のインテリアにも自然に溶け込み調和を生み
出してくれるところ。引越しを機に購入したイームズのチェアや
パネルカーテンとも相性がバッチリ!
これからも長い付き合いになりそうなのでどんなインテリアとの調和を
生み出してくれるのか、新たな一面を見つけることが楽しみです。
 

Kチェア2シーター モケットグリーン
  63,000円(税込)

記事の区切り線

音楽を聴きながらキャンドルの火をながめる。
それだけで心が和みます。

蜜ろうを原料としたこのキャンドルは、
香料・着色料を使用せず、
ひとつひとつ丁寧に制作されたハンドメイドのキャンドルです。
蜜ろうとはミツバチが巣を作るために腹部から分泌する“ロウ”のことで、
花粉が蜜の中に混じるため、ろうの色や香りもそれぞれ違います。

人は大昔から火を恐れながらも
神聖で大切なものとして暮らしの中に取り入れてきました。
火を身近に感じられる機会が少なくなった現代でも、
教会の祭壇やキャンプファイヤーなどのように
火の周りに自然と人が集まるように
「火」には心を平穏にしてくれる力があるのかもしれません。

「火を生む道具として人に添い、目や手に触れてストレスがなく、
自然に受け入れられるように」との想いから蜜ろうで手作りされたキャンドル。
日常の空間に、このキャンドルの火が加わるだけで気持ちが落ち着くのは
自然の恵みそのままをいただいた「火」だからなのでしょう。

card-ya 「Bees wax」

西宮店スタッフ 徳下純子

記事の区切り線


出勤前の慌しい一杯。
午後のほっと一息の一杯。
帰宅後のくつろぎの一杯。

慌しい時間や、ひとりで一杯をじっくり楽しむのに最適なティーバッグの紅茶は、
いい香りが漂ってきたら、すぐに至福の時間がやってきます。

そんな時、皆さんはこんな体験をしたことはありませんか?
「カップにお湯を注いだとたん、ティーバッグの持ち手が中に入ってしまった!」
「ポットでじっくりと茶葉を蒸らす様に、ティーバッグでも美味しく味わいたい・・・」
その思いを受けとめてくれるのが「peel」です。

カップの一部がめくれた特徴的なデザインに、多用途のフタが付き、
ティーカップでは珍しく取っ手がないフォルム。
そこには日常使いの為に考えられた機能が凝縮されています。

飲み口のめくれた部分にティーバッグの糸をくるくると巻き付け、
フタを閉めると茶葉を蒸らすことができ、開けたフタは小皿に早変わり。
ティーバッグやスプーンの行き場所に困らないのは紅茶好きには嬉しい機能ですね。

また、スプーンを入れた状態でもフタが閉められるので、
仕事場などで中身が入ったまま移動する際も安心して運べます。
そしてこのフタは、付けても外してもカップのスタッキングができるので、
余分な収納スペースもとりません。

ギフトに贈ってもとても喜ばれそうですが、
電子レンジや食洗機にも対応してますので、
肩肘張らずに毎日使えるマイカップにオススメです。


ティーバッグでいただく大事なひと時の為に考えられたカップ。
毎日の新しい定番にいかがでしょうか。


361°(イチド)
peel

サイズ
Φ22 H:9.1(cm)※蓋をつけた状態
製造
 セラミックジャパン(愛知県瀬戸市)
素材
 磁器
価格
 2,100円(税込)


豊洲店スタッフ 栗原 麻衣子


■361゜(イチド)プロジェクト■
360度物事を見渡したとき、そこで終わりではなく次の新しい1度を
デザイン会社「nendo」と「日本メーカー」が発見していくプロジェクト「イチド」。
peelの製造元は、愛知県瀬戸市で1973年より高度な技術と一貫したポリシーで
生産を行ってきた「セラミックジャパン」。
同社では柳宗理デザインの磁器製品の製造なども手がけている。

記事の区切り線

「ROCCO」

四角い木箱のふたを開けると
三角形の木製箸置きが6個出てきます。

「ROCCO」

そう名付けられたこの箸置きは
それぞれ異なった六種類の木材からできています。

「ROCCO」は、テーブルを作る際に出る端材が無駄にならないようにと、
小泉誠さんによってデザインされました。

小さくても家具を作るようにカンナをかけ
ペーパーで磨き、オイルでの仕上げを
徳島の工房で一つ一つ手作業で行っています。
その為、木の持つ温かみを感じる事ができます。

樹種は、黒檀(コクタン)、鉄刀木(タガヤサン)、神代楡(ジンダイニレ)、
花梨(カリン)、欅(ケヤキ)、楓(カエデ)。
色も質感も違うので、その日の気分、料理に合わせてお使いいただけます。
ご家族でそれぞれお気に入りの『マイ箸置き』を決められるのもいいですね。

食事のあとは、パズルをはめ込んでいくように、ケースに収納できます。
お子様も進んで食卓の片付けをされるかもしれませんね。

卓上のオブジェとして、
ギフトとしてもお勧めの「ROCCO」です。
 
 
テーブル工房 kiki 「ROCCO」
 
 素材
 箱/欅  蓋/黒檀  箸置/黒檀・鉄刀木・神代楡・花梨・欅・楓 
 仕上げ
 オイル仕上げ
 価格
 3,645円(税込)
 
 
スタッフ 新谷拓也

記事の区切り線

お風呂から上がると「シャリッ」としたバスマットの踏み心地。
いつものふわっとした踏み心地と違うけれど、これがとても気持ちいい。
それは、ベースの生地に使用されているコットンとパイル部分のリネンが
空気の層をつくり出しているため。
まさにネーミング通りマッサージされている様な感覚を味わえます。

今回ご紹介するfog「マッサージバスマット」は伝統と高い技術によって
中世から受け継がれてきたリトアニアで織り上げられたリネンが使用されています。
収穫時期やその年の日照時間によって色の濃淡の違いがあるのも、
個体差がある天然素材を感じられる魅力のひとつです。


丈夫で普段使いできる良質なリネンが選ばれ作られていますので、
洗濯機で気兼ねなく洗えるのが嬉しいです。
サラッとした肌触りが心地よいリネン素材。
汗や水分をすばやく吸い取ってくれ、これからの暑い季節も爽やかに感じさせてくれますので、
毎日活躍してくれそうです。
少し硬めに感じる「シャリ感」を、ぜひお試しください。


fog linen work「マッサージバスマット」

サイズ
 45×65(cm)
素材
 リネン・コットン
カラー
 アイボリー/ナチュラル
価格
 3,990円(税込)


スタッフ 栗原 麻衣子

記事の区切り線

ACEは1940年に大阪で創業した、国内を代表するバッグメーカー。
ナイロンバッグを業界で最初に開発したのが、ACEなのです。
その歴史に裏打ちされた技術は、さすが。
軽くて丈夫で汚れにくいナイロンバッグは、今も変わりません。

西宮店では、そのACEのブランドであるACE60のフェアを
8月1日から8月31日まで開催いたします。
期間中は、ユースフルに毎日使えるバッグや、
2~3日の小旅行用の大きめバッグなど
いつもよりバリエーションを広げて皆様をお待ちしております。

これからは、何かと遊びに行きたくなる季節です。
ACE60に荷物を詰め込んで、
ちょっとそこまで。夏を遊びに行きましょう。

西宮店チーフ 宮崎和浩

記事の区切り線

← 2010年7月 [ INFO TOP ] 2010年9月 →

バックナンバー