• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2012年6月 [ INFO TOP ] 2012年8月 →


 
毎日使うタオル。
肌に直接触れるものだから肌触りは何よりも重要。
しかも安全で、環境のことも考えられたタオルならもっと嬉しい。

今回ご紹介するのはそんなこだわりのタオルを長年作り続けている
池内タオルです。

最大の魅力は、なんといってもその柔らかさと吸水性。
ふわふわのタオルって、使うだけでとっても幸せな気持ちになります。
海外で作られた安価なタオルが多い中、
購入リピート率が約40%というのは、一度使ったらやみつきになる
ということを意味しています。


『人に優しい』
池内タオルの「オーガニック1」は、
オーガニックコットン100%。
農薬や化学肥料を使用していない綿花畑だけでなく、
紡績工場まで含めてオーガニック認証機関の認定を得たコットンは、
幼児が口に含んでも安心というレベル。
それは病院の産婦人科で赤ちゃんのベッドシーツにも使われている程です。

『環境に優しい』
池内タオルと言えば「風で織るタオル」。
それは製造の際の使用電力の100%を風力発電でまかなっているから。
年間92,500kgの2酸化炭素排出量が削減されていることになります。
 
 
人にも環境にも優しく、そして丈夫で気持ちがいい。
「より長く使えることが、最も環境にやさしい」
そんな池内社長のことばに、素直に共感できます。
 
 
池内タオル「オーガニック1」
 
フェイスタオル 1,575円(税込)
バスタオル 3,990円(税込)

※店舗によって取扱のカラーは異なります。
 
 
スタッフ 後庵野 あゆみ

記事の区切り線

戦後から高度成長期にかけ最も活躍した日本人デザイナーの1人柳宗理。
今回は柳宗理のファーストプロダクト「ボーンチャイナ」をご紹介いたします。

1948年松村硬質陶器シリーズとして誕生しました。
兵役から帰ってきた柳宗理は戦後の物資不足の中、
豊富にあった土を使い器のデザインを始めたのですが
いざ焼成の時に燃料持参でなければ窯業所は生産を行って
くれず海中に沈没した軍の御用船から濡れた石炭を運び出し
やっとのことで焼成にこぎつけました。
そんな熱い思いとともに完成した食器です。

しかし、いざ百貨店に売り込みに行くと
当時は無地の白い食器は半製品と取られ
販売させてもらえませんでした。
当時としては無地の白い食器は革新的だったようです。
その後銀座にあった友人の喫茶店から全国の喫茶店に広がり
人気を博しましたが数年で惜しくも廃番となりました。

時代がようやく追いつき
硬質陶器からボーンチャイナに変更され
1990年に復刻されました。
現在は石川県白山市のニッコー本社工場で生産されています。

 

しっかりとした厚みと重みがあり
サイズにより使う用途に合わせて曲線でデザインに違いを出し
どれも両手で持ったときにしっくりとくる形になっています。
シンプルな中に計算し尽くされたデザイン。
ファーストプロダクトながら
すでに柳宗理デザインの要素がたくさん組み込まれています。
生活になじみ使いやすいデザイン。
ぜひ定番の食器としてお使いください。

■ボーンチャイナ

ティーカップ・ソーサー
コーヒーカップ・ソーサー 各2,520円(税込)
ボール15cm  1,995円(税込)
ボール19cm  2,310円(税込)
プレート23cm 2,520円(税込)


西宮店スタッフ 永嶋 美穂

記事の区切り線

植物は鉢に植わって上に向かって伸びていくもの。
そんな「普通」を覆すデザインがあります。



「FLAME」は全く新しいコンセプトの観葉植物です。
四角い枠の中に植えられた植物を壁に掛けて鑑賞し、
お手軽に育てることが出来ます。



植物を壁に掛けるという斬新さと見た目のかわいらしさから、
ご来店されたお客様より、とてもご好評いただいております。

シンプルで穏やかな雰囲気が、カリモク60の家具ともよく合いますね。



専用の金具で壁に掛けるだけなので設置も非常に簡単です。
また、枠の中にはサントリー社が独自に開発した「パフカル」という素材を使っています。
衛生的で水を含んでも軽い、スポンジの様な材質です。
1日に1回、上の注水口から定量の水を入れ、
1ヶ月に1回、液体肥料を与えるだけでとても簡単に育てることが出来ます。

グリーンを置いてみたいけど育てるのが大変なんじゃないか・・・という方。
省スペースで手間要らず何よりも見た目がとにかくかわいい「FLAME」。
これからグリーンを育ててみたい方にもピッタリですので、
お部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。


ミドリエデザイン「FLAME」

H19.2×W18.7×D植栽含み12~20(センチ)
4,500円(税込)


豊洲店スタッフ 長畑 宏

記事の区切り線

★今回の応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました★

カリモク60西宮店では土日祝に勤務できるアルバイトの方を
募集しています。

雇用条件は以下のとおりです。
■必須条件
・カリモク60や家具が好きな方、興味のある方
・責任感のある方
・前向きに仕事に取り組める方

【業務内容】接客販売を中心とした店舗業務全般
【勤 務 日】土日祝
【勤務時間】13時~20時までの7時間勤務
【勤務開始】即日。調整の上で決定します
【応募方法】電話またはメールにて承ります
       ※メールの場合は、必ず電話番号も記載してください
【問合せ先】カリモク60西宮ガーデンズ店 採用担当 青野
       tel 0798-62-6127
       mail karimoku60-nishinomiya@karimoku.co.jp
【そ の 他】詳細は面接でご説明します


皆様からのご応募、心よりお待ちしています

記事の区切り線

東京都江東区 Kさん

3年ほど前に豊洲店でロビーチェアソフトキャメルを購入しました。
以降、ロビーチェアはリビングの主役として活躍してくれており、
平日の帰宅後にここでお酒を飲むのが楽しみの一つになっています。

月日が経ってこのたび新居を購入することとなり、
これを機にカフェチェアも購入することにしました。
こちらはプライベートなくつろぎスペースに置き、
休日は音楽を聴きながら本を読んで過ごしています。

カフェチェア購入の決め手は、スタイルの良さ、座り心地、
そして日本製というのも大きなポイントでした。
とはいえ、正直なところ単純に欲しくて仕方がなかった、
というところです。一目惚れに近いです。

他メーカーのテーブルとも安心して合わせることができるのも、
やはりカリモク60の完成度の高さ故であると感じています。
とても満足していて不満は全くありません。


カフェチェア スタンダードアイボリー
  34,650円(税込)

記事の区切り線

先日、新製品の「マグ」をご紹介したアデリア60から、
ルックコーラグラスの限定色が同時発売されました。

ルックシリーズの中でもコレクターが存在するほどの人気を博している
コーラグラス。
第16弾となる今回の限定色は、「Black」です。
和と洋どちらの雰囲気も感じられる深い漆黒色で、
今までにない、とても上品かつクールな印象に仕上がっています。

そして今回はレギュラーサイズに加え、ミニサイズでも限定品が登場!
ショットグラスや冷酒用のグラスとしてもお勧めですが、
デスク周りのインテリアとしても活躍しそうです。
飾るだけでも様になるのは、ルックシリーズのカットの美しさならでは。

また、レギュラーサイズは1個入りのボックス仕様で
プレゼントにも最適です(ミニはボックス仕様ではありません)。

限定品のため、数に限りがあります。
ぜひお早めにどうぞ。

※2012年7月現在、コーラグラスミニは豊洲店のみのお取り扱いになります。


アデリア60 

ルックコーラグラス限定「Black」
230ml
1,575円(税込)

ルックコーラミニ限定「Black」
85ml
998円(税込)
 
 
スタッフ 後庵野 あゆみ

記事の区切り線

砂漠のような乾燥地でオアシスを求めて、風に吹かれて移動する姿から
「砂漠の旅人」と呼ばれる「テマリカタヒバ」。
オアシスに辿り着くと、まるで息を吹き返したかのように緑の葉を広げます。
そして、また水がなくなると元の丸まった状態に戻り、水を求めて旅をします。
このサイクルを繰り返し、永いものでは50年、100年生きるものも
あると言われています。

このように、類稀な生命力を秘めた植物なので、ご自宅でも簡単に
育てられます。これまで上手く植物を育てられなかったという方にも
おすすめのインテリアプランツです。

育て方は3週間に一度、全体を濡らしながら根の部分が浸るくらいに
水を与えていただくだけです。環境にもよりますが1,2時間で葉が
ムクムクと開いてきますので見ていて楽しいです。

それから2日ほどで全体的に緑色になってきます。
(自然の植物なので全てが緑色になるとは限りません。)

それから3日後に水やりをストップして、乾燥させて下さい。
また閉じてきますので、三週間ほどたったころ水を与えて下さい。

何度も開いたり閉じたりを繰り返すところから「復活」を繰り返す
「縁起」のいい植物ということで人気があるグリーンです。
西宮店のみの展開の商品となりますので、興味のある方はご来店
お待ちしております。


砂漠の旅人 
価格 1,260円(税込)


西宮店スタッフ 新谷 拓也

記事の区切り線

長年大衆食器として活躍し続けているアデリア60のルックシリーズより
新しいマグが誕生しました。



1968年発売のルックシリーズは用途によって食器を楽しむヨーロッパの
習慣を日本でも取り入れて欲しいとの想いで開発されました。
ヨーロッパモダンのダイナミックなカットをイメージさせる形は
多くのご家庭に広まっていきました。

このルックシリーズはプレス成形で製造しています。
プレス成形とは金型にガラスの原料を流し込み、
圧を掛けることで型通りのキレイな形に仕上げる方法です。
金型にガラスの原料を流し込む量の見極めは、
とても難しく熟練した技が必要です。
そうした作業のひとつひとつが職人の手によって行われているため
しっかりと手に馴染む食器に仕上がります。



ルックマグは持ちやすいように取手の大きさにもこだわっています。
暑い夜にビールやハイボールを片手でぐぐっと飲むのもよし。
お子さまがジュースを飲むときでも安心です。



ガラスに反射した光が涼しげな印象を出してくれるので
特にこれからの暑い季節に活躍してくれそうな逸品です。

*耐熱ガラスではありません。
ガラスが熱い状態で氷を入れるなど急激な温度の差に
弱いため、お取扱にはご注意下さい。


アデリア60「ルックマグ」

クリア 1,680円(税込)
アンバー 1,785円(税込)


スタッフ 田所 美紗

記事の区切り線

カリモク60+カリモク(カリモクロクマルプラスカリモク)から、
総革張りKチェア「ヴォルテライトブラウン」が発売されました。
待ちに待った、カリモク60ブランド初の本革仕様で、
とても重厚で風格ある佇まいに仕上がっています。
アームはオーク材で、ナッツシェル色を採用しています。

ヴォルテはイタリア語で「時」を意味し、
時と共に、深みを感じて欲しいとの思いから命名されました。
 
 
革という素材は非常に奥が深く、専門的なことを語りだすと
キリがないのですが、動物の皮から製品の革へ加工するためには
多くの工程が必要で、その主要な工程のことを「なめし」といいます。
ヴォルテは、家具や衣料の多くに使われる「クロームなめし」
をベースにしながらも、古来から伝わる「タンニンなめし」を
組み合わせることで、耐熱性や柔軟性を保ちながらも
使い込むほどにツヤが出るという特徴を持っています。

一般的に家具用として多く流通している革は、表面の傷を削り、
その上から模造の型をプレスしたものに顔料で着色するなど、
何らかの表面加工が施されているものです。
しかし、革本来の滑らかさや温かみ、キメの細やかさを感じるには、
できるだけそのような表面加工をしないことが望まれます。
 
 

ヴォルテは、革の表面が「素」の状態に近い「素上げ」と呼ばれる
仕上げをしており、プレス加工などを一切施していません。
なので、傷やシワなどのナチュラルマークも含めて革本来の自然な表情を
ありのままに表現しています。中には、焼印が入ったとてもレアなものも
ごくわずかに含まれています。
また、染料によって色付けしているため塗膜がなく、
革本来の質感を十分に感じることができます。
その代わり、ある程度使い込んでいくと色があせてきますので、
油分と革色を補うために専用のオイルでメンテナンスすることをお勧めします。


塗膜がないヴォルテの特徴として、表面が傷つきやすく汚れが定着します。
そのようなダイナミックな経年変化を楽しむのがこの革の醍醐味となりますので、
傷や汚れを気にされる方にはお勧めできません。

また、Kチェアヴォルテは展示店舗のみの取扱商品となり、
個体差もあるため、実際に店頭でご確認いただいた商品を
販売させていただきます。


Kチェアヴォルテのキルティングは、全て人の手でミシン掛けを行うなど、
非常に手間がかかっていますので、カリモク社が1日に生産できる数には
限りがあります。そのため、展示品を販売したあとの入荷が遅れる場合も
ありますので、ご覧になりたいお客様は事前にお問い合わせください。
 
 
■Kチェア2シーター ヴォルテライトブラウン
 163,800円(税込)
■Kチェア1シーター ヴォルテライトブラウン
 101,850円(税込)

記事の区切り線

← 2012年6月 [ INFO TOP ] 2012年8月 →

バックナンバー