• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2014年9月 [ INFO TOP ] 2014年11月 →


ご好評いただいています直営店限定の「Kチェアミニメッセージペイントサービス」。
通常2,160円のサービス料ですが11月1日(土)~16日(日)の期間限定で
無料キャンペーンを行っています。

メッセージペイントサービスは、お誕生日や出産祝いの贈りものとして多くの
ご注文をいただいております。
また、期間中のご注文であればクリスマスプレゼントにも間に合いますので
ぜひ、この機会にご利用ください。



メッセージは、正面から見てシート下に位置する桟の表側か裏側に漢字、
カタカナ、ローマ字などのお好みの書体・フォントサイズでお入れすることが
できますが、文字の色はブラック1色となります。
なお、お届けはご注文いただいてから30日前後となります。

この機会にいつまでも心に残る「とっておき」の贈りものはいかがでしょうか。
また、思いのこもったメッセージペイント。
次世代に向けて語り続けられるのも「とっておき」の思い出になります。


※詳しくは各直営店スタッフまでお問い合わせください。

Kチェアミニ スタンダードブラック
 32,400円(税込)
Kチェアミニ モケットグリーン
 35,100円(税込)

記事の区切り線

阪急西宮北口駅から北西に徒歩16分の場所に
今回ご紹介する「Café NANPU」はあります。
今年の10月14日にオープンした自宅兼カフェには
非常に長い歴史が存在していました。



実は現オーナーの祖父の代(約50年前)に現在の西宮北口駅の
北改札近くで喫茶店「南風」を営んでいたのが始まりだそうです。
当時のお店の顔である看板は今も大事に保管されていました。

 

その後、家の立替えを機にお母様が店を引き継ぎ、
現在の場所で約30年間営業していましたが
跡を継ぐ人がおらず5年前に閉店されたそうです。
しかし娘である現オーナーが今まで続く歴史を引き継いでいきたい
という想いからリニュールを決意。
後々まで続く良いお店を目指し「Café NANPU」を新たにスタートされました。



カリモク60はお店のリニューアルにあたり
東京の代官山や目黒等でカフェのリサーチを行ったところ
好みのお店には必ず置いてありとても印象に残っていたとのことです。
またオーナーのお子様の後押しもあり、コンパクトなKチェアと
ゆったりと風格のあるロービーチェアを選んでいただきました。
下の写真をご覧頂くとわかるように、お客様がゆったり腰をかけて
寛いで貰えるように店内奥の1番広いスペースにKチェア、
ロビーチェアを配置しています。



お店こだわりのポイントはライブラリ・レコードだそうで
オーナーのご主人の私物を閲覧できるようにされています。
まだまだ沢山コレクションがあり不定期で入れ替えもあるそうなので
来店の度に面白いものに出会えるはずです。



歴史あるカフェを自分らしく新たに始められたオーナー。
今までのメニューに加えて新しい試みもどんどんされるそうで
活き活きとした笑顔が取材をしていく中で印象的でした。
幾つになっても新しいことにチェレンジする姿は、
ひたむきで美しいなと改めて感じます。



歴史を引き継いでいきたいという想いをまた次の世代へ。
素敵な歴史を積み重ね「Café NANPU」は
今日も沢山の笑顔で溢れていることでしょう。


Café NANPU
〒662-0838
兵庫県西宮市能登町12-14
営業時間:平日 8:30~18:00
       土・日・祝 8:30~20:00
定休日:水曜日、第1・第3火曜日
TEL:0798-74-4961


<取材>西宮店スタッフ 河邑 隆太

記事の区切り線

いつも新しく、いつまでも愛されるカタチ。
時代を越えてスタンダードであり続ける器づくりを目指しているメーカー
白山陶器の代表アイテムとなっている平茶わん。
色柄のバリエーションは全部で200種類以上もあります。
その中から5種類が新宿店に入荷しました。


hirajyawan1.jpg


平茶わんの特徴は、大きく平たい形。
内側が広く見えて模様が楽しめるようにと、森 正洋氏によってデザインされ
ました。現代の生活空間に合わせた、ゆとりのあるサイズは直径15㎝と
一般的なお茶わんよりもひとまわり大きめですが、とても軽く片手にしっくり
収まります。





平茶わんはご飯に限らずさまざまなお料理に活用できる万能な器です。
煮物やサラダ、汁物や果物などのデザートも華やかに引き立て、
おもてなしの席にも映えそうです。
使う人やお料理に合わせて模様を選ぶのも楽しいですね。





毎日使う大切な器。
現代の暮らしに馴染む平茶わんで食卓を彩ってみてはいかがでしょうか?


白山陶器 「平茶わん」
サイズ:φ15×H5.3(cm)
価格:2,700円(税込)


新宿店スタッフ 工藤雅子

記事の区切り線

スタッフ募集 [豊洲店]

★この度の募集受付は終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。


カリモク60豊洲店ではスタッフを募集しています。
雇用条件は以下のとおりです。


■求める人物像
・カリモク60や家具が好きな方、興味のある方
・責任感があり前向きに仕事に取り組める方

【業務内容】
 接客販売をメインとした店舗業務全般

【勤 務 日】
 土日を含む週5日勤務
 
【勤務時間】
  9時~21時30分の中で実働8時間(休憩1時間)

【勤務開始】
 調整の上で決定します

【応募方法】
 電話またはメールにて承ります
 ※メールの場合は、必ず電話番号も記載してください

【問合せ先】
 カリモク60豊洲店 採用窓口 
 tel 03-6910-1200
  mail karimoku60-toyosu@karimoku.co.jp
【そ の 他】
 詳細は面接でご説明します


皆様からのご応募、心よりお待ちしています。


豊洲店店長 外山 晴康

記事の区切り線

京都府京都市 Fさん

我が家も35年の歴史が刻まれており、家内が常に居るリビングとキッチンを
リフォームしようかと思い立ちました。
家内は喜んで同意してくれて、 それならとソファーと今まで置き場所がなくて
我慢してた大型のテレビを思い切って買い換えた次第です。
Kチェアの購入の決め手は以前に一目ぼれした、シンプルなデザインでしょうか。
それと、レトロ雰囲気も気に入りました。
お値段的にも手頃でリビングにもよく溶け込んでいるのではと満足しております。

Kチェア1シーター スタンダードブラック
 36,720円(税込)
Kチェア2シーター スタンダードブラック
 57,240円(税込)

記事の区切り線

一心同体

埼玉県川口市 Mさん 


結婚・新居への引っ越しに伴い、家具一式の購入が必要となり
他のメーカーの店舗へ向かうため新宿を歩いていたところ、
ガラス張りのステキなショップが目に入りました。
これがカリモク60との出会いでした。

そのまま商品説明やカリモクの歴史を聞いて、
私が生まれる前からの日本が誇る職人の技術が
活かされている家具作りに共感しました。
また、生まれ育った家にも似たような家具があり、
懐かしく落ち着くデザインが新居の雰囲気にもピッタリ、
私の好みともピッタリだったので一目ぼれして購入を決めました。

どの家具も気に入って使っています。
新居になじみ、私達と一心同体といった感じです。
特にヴォルテライトブラウンのKチェアは座り心地が最高です。
汚れには気を使いますがそれも味として愛用していきたいです。
メンテナンスなどのアフターサービスもしっかりしているので
10年、20年と愛用できそうです。


Kチェア2シーター ヴォルテライトブラウン
 177,120円(税込)
オットマン スタンダードブラック
 23,220円(税込)
リビングテーブル(小)ナッツシェル色 
 38,880円(税込)
ダイニングテーブル1300 ウォールナット色
 60,480円(税込)
アームレスダイニングチェア スタンダードブラック
 27,540円(税込)
サイドボード(小)
 149,040円(税込)

記事の区切り線

普遍の安らぎ


「普遍」-あらゆる人、物、時代に共通すること。
カリモク60はその製品を通じて「普遍性」を提案するブランドです。
ある人が見れば懐かしく、またある人が見れば目新しく映る家具たち。
多様な側面と深い奥行きを持ったそれらは様々な魅力を放ちつつ、
いつの時代も人々の根底にある、変わらない価値観に訴えかけています。


1960年代に生まれたカリモク家具の製品から、いつまでも変わらない
価値を持つ物を選び抜き、発信するブランド、カリモク60。
ブランド発足のきっかけとなった製品「Kチェア」も1962年に生まれ、
流行の移り変わりによって、やむを得ず廃番を検討されていた椅子でした。
しかし、この製品が持つ、流行を問わず飽きる事なく永く使い続けられる
意匠性や、あらゆるテイストの空間に溶け込み、幅広く活用できる汎用性
など、その価値を改めて見出され、今ではより広い年代、趣向の人々から
支持されるようになりました。
時代がその普遍的価値を証明した、カリモク60におけるロングライフデザイン
の象徴といえる存在です。


いつもそこに在る安心感。
今までも、これからも、変わらない安らぎをもたらす、妥協の無いものづくり。
カリモク60が後世に残していく普遍性です。


スタッフ 長畑 宏

記事の区切り線

大阪府豊中市 Oさん



カリモク60を知ったきっかけは、
近隣のカフェでカリモク60の製品が使用されていたことからでした。

今回は新婚生活に際し、ダイニングテーブルとチェアを検討し
購入をしようと思いました。購入の決め手となったポイントは、
素材やデザイン、座り心地などがとても気に入ったということです。

実際に使用してみると、とても安定しているのに
椅子の出し入れの際もそこまで重たくはないように感じました。

一通りカリモク60の家具で揃えましたので、
今後は追加のチェアや西宮店で取扱いのある
ゴミ箱やティッシュボックスなど小物を集めていきたいと思っています。



ダイニングテーブル1500 ウォールナット色
 64,800円(税込)
アームレスダイニングチェア スタンダードブラック
 27,540円(税込)
ベンチ スタンダードブラック
 37,260円(税込)

記事の区切り線

オークからビーチへ



今までオーク材を使用していたダイニングアイテム(Dテーブル オーク、
Dチェア オーク、アームレスダイニングチェアⅡ アッシュグリーン)がビーチ
材へ材種変更となりました。

木部はビーチ材が持つ自然の風合いを最大限に生かすため無着色で仕
上げており、木本来の木目や色合い、質感などを楽しむことができます。
その材種変更に伴い、DチェアとアームレスダイニングチェアⅡの張地も
一新され、合成皮革のリーベルブラウンとの組み合わせとなりました。

リーベルブラウンの張地はプロテインレザーと呼ばれる合成皮革で、天然
の皮革にも含まれるコラーゲン繊維をパウダー化し特殊樹脂と融合させた
ています。パウダーの働きによりムレやベタつき感がなく、さらりとした肌
触りが特徴です。またクモプリントと呼ばれる汚し加工を施すことで、より
一層本革に近い風合いを表現しています。

ほんのりと赤味のあるビーチ材とリーベルブラウンの赤味ある深い張地は
相性が良く、ナチュラル感と落ち着きある雰囲気のどちらも持ち合わせて
います。そのため組み合せるアイテムによって違った表情を楽しめるのが
ポイントです。これからの季節ですと濃い目のインテリアやファブリックアイ
テムを選ぶと、より暖かみがプラスされます。

見る人によって見え方が違い使い方も違う。そんな2面性のような雰囲気も
持った新しいアイテムで色々な使い方を試し、そして楽しんでみて下さい。




Dテーブル ピュアビーチ
 68,040円(税込)
Dチェア リーベルブラウン
 52,380円(税込)
アームレスダイニングチェアⅡ リーベルブラウン
 41,040円(税込)

記事の区切り線

いつもカリモク60をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
9月30日に開催しましたトークイベント
たいせつな家具を「永く愛用する」ための話。
第1弾 わかりやすい家具のお手入れ編に続き、
第2弾 本革の話ヴォルテ編を新宿店にて開催します。


カリモク60家具の張地では合成皮革をメインに展開していますが
2012年より展示店限定の総本革張りKチェアヴォルテライトブラウンが仲間入りしています。
本革本来の魅力を引き出した「アニリン仕上げ」に、天然の証「ナチュラルマーク」を
生かしたヴォルテライトブラウンは時間をかけて味わいを醸し出す張地になります。

アニリン仕上げやナチュラルマークとは?
家具の張地になるまでの工程は?
本革のお手入れは?など
今回のトークイベントでは、皮から革になるまでの工程や
仕上げ方法、日ごろのお手入れまでご説明します。

実際に本革に触れ、その場で感じた疑問や質問にお答えできるお時間もございます。
定員は10名を予定してますのでお気軽にご参加ください。

下記の電話番号もしくはメールアドレス宛てに、
ご参加いただく人数、お名前、ご連絡先をお伝えください。

スタッフ一同、皆様のご応募を心よりお待ちしています。


たいせつな家具を「永く愛用する」ための話。
~第2弾! 本革の話 ヴォルテ編~

ゲスト:カリモク家具マーケティングセンター工藤 幸男

【会期】 2014年11月14日(金)
【時間】 18:15 受付開始
     18:30 開始
     19:30 終了(予定)
     ※営業中となります。   
【場所】 カリモク60新宿店
【費用】 参加費無料
【参加】 定員10名 (予約優先) 
     ※お席に余裕があれば当日ご参加可能です。
【予約】 カリモク60新宿店 イベント予約窓口
     TEL:03-5919-2890
     mail:karimoku60-shinjuku@karimoku.co.jp

 
新宿店店長 栗原 麻衣子

記事の区切り線

京都府京都市 Hさん


ソファを購入しようかと検討中に偶然にカリモク60の店舗を見つけました。
Kチェアの見た目の美しさと座り心地に惹かれ、正直価格帯には少し悩み
ましたが長く使い続けられると思い購入を決めました。

カリモク60の家具を一つ置いたことにより部屋の雰囲気がガラリと変わり
ました。 お洒落なカフェ風な部屋に憧れていたので一歩近づくことが
できました。 サイドテーブルは小ぶりなので飾り棚にしてみたり ソファの
前や横、また別の部屋に移動したりと大活躍です。

Kチェア購入をきっかけに他の家具も変えたくなってしまいダイニング、
オープンキャビネットも購入しすっきりした落ち着いた部屋になりました。
椅子の色合いの組み合わせに悩み何度もお店に行き、長い時間
居座ってしまいましたが、丁寧に対応していただき提案して頂いた
お陰で納得いく組み合わせを選ぶことが出来ました。
緑と黒の組み合わせがとても気に入っています。
居心地良くなったリビングに居座る時間がすっかり長くなってしまい、
いつもKチェアで寛いでいます。


Kチェア1シーター スタンダードブラック
 36,720円(税込)
オットマン スタンダードブラック
 23,220円(税込)
ダイニングテーブル1300 ウォールナット色
60,480円(税込)
ダイニングチェア モケットグリーン
29,160円(税込)
ベンチ モケットグリーン
38,880円(税込)
オープントップキャビネット
84,240円(税込)
サイドテーブル
23,760円(税込)

記事の区切り線

長野県長野市 Yさん

カリモク60は雑誌やWeb、お店でもよく見ており、また知人も使用して
いたので良く知っていました。

以前より新築のリビングには、カリモク60の家具を置きたいと思って
いました。

なかでもKチェアは、小上がりの畳スペースで横になっても目の前に
圧迫感が無く、テレビを観るのに邪魔にならないような、背の低い
ソファを探していた私たちにとって、まさにぴったりの商品。

接客していただいたスタッフの方のiPadによる3Dシミュレーションも、
イメージがわいて購入の決め手になりました。

1シーターを2脚にしたことにより、いろいろな配置バリエーションが
楽しめそうで、とても満足しております。

2脚の間に置くサイドテーブルも、ぜひカリモク60で揃えたいと思っています。


Kチェア1シーター スタンダードブラック
 36,720円(税込)

記事の区切り線

9月30日(火)お昼。
新宿店にてトークイベント
たいせつな家具を「永く愛用する」ための話。を開催しました。


参加いただいたお客様には日頃の家具のお手入れ方法や
永くご愛用いただくためのメンテナンス技術の紹介を
カリモク家具マーケティングセンターの工藤さんよりさせていただきました。


まずは布地、合皮、本革の張地別お手入れ方法。
こんな時はどうしたら?っと戸惑ってしまう場面でも
基本を押さえた対応をすれば綺麗に落ちるレクチャーを開始。

液体の汚れの場合、まずスポンジか布(雑巾)で付いた汚れを
伸ばさないように吸い取るのがポイント!とのこと。

油分が多い化粧品や濃い色の調味料を張地にこぼし
ポイントを教えてくれながら目の前で実践してくれました。



ユーモアも交えてわかり易く説明してくださる工藤さんのお話は
汚れる時も傷が付く時もあるけれど可能な限りメンテナンスを
しながら愛用して欲しい。そんな思いが詰まったアドバイスに
みなさん興味深く聞き入っていらしゃいました。

ご自宅でのメンテナンスが難しくなったカリモクの家具は専門の
スタッフによる技術を紹介。
実際に行った修理を工程別に動画をみながら解説をしてくれました。
一見、簡単そうな構造でもひとつひとつ細かいパーツをはずし、
職人が細部まで行う修理にも驚きと職人技を感じることができました。

少しでも家具への愛着と知識が深まる時間を過ごしていただければ
と思い開催いたしました。
今回、ご参加いただいた皆様には心よりお礼申し上げます。


次回は11月14日(金)に本革の話。
を開催予定です。参加募集人数は5~10名となりますので
疑問や質問等も聞くことができるイベントです。
お気軽にご参加いただけますと幸いです。
※詳細は後日改めてご案内いたします。


 
新宿店店長 栗原 麻衣子

記事の区切り線

兵庫県伊丹市 Aさん



一人暮らしを始め、どのような家具を購入しようかと悩んでいた時に
雑誌でカリモク60の家具を見たことを思い出しました。
そしてお店まで足を運び、実物のKチェアを初めて目にした際は
雑誌で見た以上のかっこ良さと座り心地に一目惚れしたのを覚えています。
デザイン性はもちろん、色・座り心地・日本製と全てが気に入ったこと、
そして大切な物と共に長く時を過ごしたいと考えたことも
購入に至ったポイントです。

その後、実際に自宅で使用して感じたことは、
「最高の家具と出会えた」ということです。
今では仕事が終わりKチェアに腰を下ろし好きな音楽とともに
パソコンをすることが毎日の楽しみになりました。
休日はコーヒーを飲みながら素敵な空間でゆっくりするのが
至福の時となっています。



Kチェア2シーター スタンダードブラック
57,240円(税込)

リビングテーブル・小 ウォールナット色
25,920円(税込)

記事の区切り線

← 2014年9月 [ INFO TOP ] 2014年11月 →

バックナンバー