• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2016年4月 [ INFO TOP ] 2016年6月 →

201605301.jpg

ガラスの輝きを最大限に表現した、彫刻のようなガラス食器。
みなさんも、どこかで見たことがあるのではないでしょうか。
このシリーズは一般家庭用品として、1960年代から発売されたアデリア60のガラス食器です。
製造しているのは、愛知県にある老舗メーカーの石塚硝子で、その歴史は古く、今年で創業197年を迎えます。
その始まりは、ある一人の青年が旅をしたことがきっかけで、江戸時代にまでさかのぼります。

201605305.jpg

彼の名前は石塚岩三郎といい、後に石塚硝子の創業者となる青年です。
現在の千葉県に生まれた岩三郎は、広い世界を見てみたいと、旅に出ました。そして遥か彼方の長崎でガラスと出会い、ガラス作りを生涯の仕事にしようとオランダ人から製法を身につけました。
その後、故郷に帰る途中に、美濃の土田(現在の岐阜県可児市)で、製造に必要な材料があると知り、そこでガラス作りに打ち込むことになったそうです。
そこからスタートした石塚硝子は、ガラス食器の良さを一般庶民へ伝えていきたいという思いから開発を進め、ガラスを究めます。

明治に入ると、量産できる技術と体制を整え、私たちの食卓へとガラス食器は普及していきました。
さらに昭和になると、そこで得た技術や経験はガラス製品だけに留まらず、紙やプラスチック製の容器といった分野へも挑戦し、現在では容器の総合メーカーへと大きく成長を遂げました。

そうやって創業者である岩三郎から始まったガラス作りは、様々な歴史を経て、今日も発展し続けているのです。

201605303.jpg

このアデリア60も、用途に合わせて食器を選び、食卓を楽しむヨーロッパの人々の習慣を取り入れるべく、1960年代に開発されました。
そんな歴史や背景を知ると、なぜか今までと違った表情に見えたり、より一層大切に思えたりもします。
日々何気なく使っている日用品も、特別な日に使う高価な品も、大事なのは、そこに込められた想いなのでないでしょうか。


石塚ガラス
アデリア60

豆鉢 450円+税~
豆皿 750円+税~
コーラグラス 1,000円+税~ 

スタッフ 稲葉 悠紀

記事の区切り線

Don_wood_2016_1.jpg

「影の存在を知る事で光の存在を知る」
この照明の作り手はそう言います。
互いに消し合うのではなく、引き立て合うように。
そうして作られた照明が落とす影は、使う人を楽しませ、心に安らぎをもたらします。

明かりを灯すと広がる、光と影の輪。
天井、壁、床。空間いっぱいに絶妙なバランスで映し出された陰影。
花のようにも見えるそれは、幽玄な空気で部屋を包み込みます。

この照明には部屋を隅々まで照らすような眩しさはありません。
放たれた光を中和するような、心地良いほの暗さがあります。
Don-woodがもたらす影の下では視界は淡い色に染まり、ともすれば目がチカチカするほど真っ白な壁も、優しく目に映ります。
柔らかな雰囲気に誘われてまどろむひととき。
真昼のように室内を照らす明かりの下では感じられなかったくつろぎの時間が流れます。

Don_wood_2016_2.jpg

明るすぎず、暗すぎない。
温かな光で照らしつつ、意図して作られた影は、優美で穏やかな空間を演出します。


谷 俊幸
Don-wood

素 材:ポリプロピレン・桜突板
サイズ:W37×D37×H33(cm)
     (天井から照明下まで約71cm)
光 源:普通ランプシリカ60W付属(100Wまで対応)
価 格:18,000円+税

※設置環境により影の出方は異なりますのでご了承ください。

スタッフ 新井 奈緒美

記事の区切り線

1日の終わり、 お風呂に入ってやわらかいタオルに包まれると、疲れた体も心も癒されますね。
上着の出番も少なくなり、過ごしやすくなったこの季節は、肌に触れるタオルがより一層心地よく感じるような気がします。
今回は高品質な吉井タオル製の今治タオルをご紹介します。

201605211.jpg

昭和中期に創業されたタオルメーカーの吉井タオルは、当時の「タオルなんてみんな同じ」といった考えに疑問を抱いていました。
そこから、良質で本物と評価されるタオルを作りたいという想いで、綿花を海外から輸入し、綿花栽培と糸づくりに真摯に向き合っていくことで、素材の特性を知り最大に引き出した、本物をつくることに成功します。
その結果、イメージした通りの使い心地を楽しむことのできる、質の高いタオルが生まれるのです。

201605212.jpg

「今治タオル」は国内最大規模のタオル生産地である愛媛県今治市で、120年の歴史を刻み続けてきました。
生産されたタオルに、独自の厳しい品質基準を備えることにより、おろしたてから素早く水分を吸水できる特性に優れています。
まずは素材選びから始まり、織り、染め、後処理に至るまでに、卓越した職人技が光り、また伝統的な製造技術と最新技術が融合され、他に真似のできない新しいものづくりを可能にしたのです。
その努力により、小さいお子様からご年配の方まで安心して長く使える、使い心地の良いタオルとして、今も尚愛され続けています。

201605213.jpg

日頃お世話になっている人や大切な人へ、こだわりを持った良いモノをプレゼントされても素敵ですね。
是非店頭で触れてその良さを実感してみて下さい。


吉井タオル
YOUTH 「PERE」

フェイスタオル
カラー:ホワイト・カーキ・ブラウン
サイズ:34cm×85cm
価格:1,200円+税

バスタオル
カラー:ホワイト・カーキ・ブラウン
サイズ:63cm×130cm
価格:3,200円+税

※お取扱いは各店舗までお問い合わせ下さい。

スタッフ 和田 彩恵子

記事の区切り線

20160516.jpg

合成皮革でありながら、柔らかく本革のような風合いをお楽しみいただいている、ソフトキャメルの張地ですが、このほど生地メーカーでの生産終了が決まりました。

ブランド発足時の2002年から、ロビーチェアやスリーピングソファなどの張地バリエーションとして活躍してきた張地だけに、非常に残念ではありますが、張地の供給が困難な為、廃番となります。

それに伴いまして、ソフトキャメルを使用しているアイテムは在庫限りとなりますので、購入をご検討されている方はご注意いただくとともに、各店まで事前にお問い合わせください。

尚、現在のソフトキャメルに近い色の合成皮革で、新たな張地の追加が予定されていますので、決定次第ご案内します。


オットマン ソフトキャメル
 26,500円+税
ロビーチェア1シーター ソフトキャメル
 61,500円+税
ロビーチェア2シーター ソフトキャメル
 93,000円+税
ロビーチェア3シーター ソフトキャメル
 117,500円+税
スリーピングソファ ソフトキャメル
 135,000円+税

記事の区切り線

sghr_fifty's_1.jpg

その薄作りのグラスは柔らかな色味を持って景色に溶け込みつつ、確かにそこに存在します。
このグラスを作り出しているのは、手作りにこだわりを持った職人達。
手吹きの竿を通し、その一つ一つに職人の思いが込められています。

灼熱の窯から取り出したガラスにそっと息を吹き込む。
そして、ゆっくりと風船のように膨らんだガラスの厚さは約1mm。
1mmという薄さのおかげで輪郭線は細く、周囲に溶け込むような透明感が生まれます。
そして、柔らかに光を返すグラスの底。
淡く色づいた光のゆらぎに目が留まります。

1950年代に世界を席巻したシンプルモダン。
その時代を表現するために、徹底してシンプルに作られました。
普遍的なこの形こそガラスの輝きを引き出し、いつの時代も人々の心を捉えて離しません。

sghr_fifty's_2.jpg

どんな場面にもスッと馴染んでいく。
使い始めたらいつの間にか定番になっていた、そんなグラス。
それがSghrスガハラのfifty'sタンブラーです。


Sghr スガハラ
fifty'sタンブラー 
カラー:タン/インディゴ
サイズ:φ8.5×10.8(cm)
容 量:380ml
価 格:1,500円+税

※取り扱いアイテムは各店舗にお問い合わせください。

スタッフ 新井 奈緒美

記事の区切り線

← 2016年4月 [ INFO TOP ] 2016年6月 →

バックナンバー