• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2016年7月 [ INFO TOP ] 2016年9月 →

神奈川県厚木市 Mさん

201608311.jpg

新居用の家具にと、腰への負担が少ない硬めのソファを第一条件にインターネットで探していたところ、Kチェアと出会いました。

お店で実際に座ってみると、沈みすぎないところや、シンプルなのにあたたかみを感じるフォルムが気に入り購入を決めました。
座面はしっかりとした硬さだけでなく、ほどよい弾力があるので座り心地が丁度良く、新居でもリラックスタイムを満喫できています。

201608312.jpg

家具は永く愛用したいので、ソファの色はスタンダードなブラックを選びました。
その分アクセントとしてラグなどで色を入れて、コーディネートを楽しんでいます。


Kチェア1シーター スタンダードブラック
 35,500円+税
Kチェア2シーター スタンダードブラック
 55,000円+税
サイドテーブル
 22,000円+税
ローボード ヴィンテージチーク
 79,000円+税

記事の区切り線

fujie_WF_1.jpg

夜風が涼しくなり、少しずつ秋の気配が感じられるようになりました。
季節の変わり目には、洋服と同じようにお部屋も模様替えをしたくなりますよね。
今回は秋のお部屋作りにおすすめのクッションカバーをご紹介します。

美しい発色が人気のクッションカバー「コローレ」
淡い色から鮮やかな色まで、多彩なカラーラインナップが揃っています。
その中でも、秋の雰囲気にぴったりな色をカリモク60のソファに合わせてみました。

fujie_WF_2.jpg

ボルドー色のクッションとKチェア スタンダードブラック。
ブラックのシートに良く映え、より深みが増します。

fujie_WF_3.jpg

オレンジ色のクッションとKチェア フラノベージュ。
フラノベージュの色合いと調和し、秋の日差しを思わせる暖かい雰囲気になります。

fujie_WF_4.jpg

オレンジ色、ボルドー色のクッションとフレームチェア マスタードイエロー。
互いに引き立て合う2色を並べて色で遊ぶのも良いですね。

日の入りが早くなり、お部屋で過ごす時間が増えるこれからの季節。
色づく木の実や木の葉といった、秋らしい色味を取り入れたお部屋で、ゆっくり過ごされてはいかがでしょうか。


フジエテキスタイル
クッションカバー「コローレ」
サイズ:40×40(cm)
価 格:3,000円+税

※中材は別売りとなります。
※取り扱いは各店舗までお問い合わせ下さい。

スタッフ 新井 奈緒美

記事の区切り線

cocoronomonnaka_000.jpg

今回ご紹介するお店は、南北線東大前駅から徒歩2分。
東大農学部の門の前を曲がるとすぐに、マッサージ整体院「ココロノ マンナカ」があります。

駅から近いながらも人通りが多すぎず、のんびりとした町並みが気に入り、今年の4月にオープンされました。
「身体が疲れているときはココロも疲れているとき、そんな時は身体もココロも癒して欲しい」という想いで施術され、学生から90歳のおばあちゃんも通う、地域に密着した整体院です。

cocoronomannaka02.jpg

店内の内装は、電気工事以外、全てオーナーの平本さんが手がけられたほどのこだわり。
オープンから現在も徐々に手を加えられ、来ているうちにどんどん変わっていく楽しみも感じて欲しいとのこと。
そんなどこか温もりが感じられる空間には、施術前後にほっとできるスペースがあります。

cocoronomannaka03.jpg

KチェアBuild[ビルド]が2脚、仲良く向い合っています。

日本人に合ったサイズと座り心地、そして信頼でき永く使える家具を置きたいと考えたときに、Kチェアがしっくりこられたとのこと。
「さりげなく置いているモノこそ、そこからそのモノの良さを感じてもらい、癒しに繋がれば嬉しいとです」とオーナーの平本さん。
店内の至るところに、気持ちもリラックスできるインテリアがあり、1人1人に向き合い施術される優しさがここにも詰まっています。動物などの癒された写真をまとめられた本もあり、Kチェアに座りながら眺める時間も楽しそうです。

cocoronomannaka_04.jpg

無垢材の床と味がある漆喰の壁の店内。
ガラス越しに見える癒しの空間に、KチェアBuild[ビルド]が看板娘のように待っています。

※KチェアBuildは、限定品の為、販売は終了しています。


ココロノ マンナカ
〒113-0023 東京都文京区向丘1-1-3 1F
営業時間:11:00~22:00(最終受付21:00)
年中無休
TEL:03-5844-6787
URL:http://556.natury.com/


<取材>スタッフ 栗原 麻衣子

記事の区切り線

2016.9.17semina-.jpg

いつもカリモク60をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
カリモク60オフィシャルショップ京都店では、家具を永くご愛用いただくためのお手入れ方法のワンポイントアドバイスやお手入れで普段お困りになっていることなどの質問にお答えするイベントを開催します。
カリモク家具マーケティングセンター工藤氏を迎え、布地、合皮、本革の張地別のお手入れ方法やご使用いただく上での注意点などをご紹介します。日頃すぐに実践できる簡単なアドバイスから家具メーカーならではの興味深い話を身近に聞けるこの機会にぜひご参加ください。

お席には限りがありますので、ご予約を優先とさせていただきます。
下記の電話番号もしくはメールアドレス宛てに、ご参加いただく人数、お名前、ご連絡先をお伝えください。

たいせつな家具を「永く愛用する」ための話。
~わかりやすい家具のお手入れ編~

【会期】 2016年9月17日(土)
【時間】 10:40 受付開始
     11:00 開始
     12:00 終了(予定)
     ※営業中となります。   
【場所】 カリモク60京都店
【費用】 参加費無料
【参加】 予約優先 
     ※お席に余裕があれば当日ご参加可能です。
【予約】 カリモク60京都店 イベント予約窓口
     TEL:075-251-0561
     MAIL:karimoku60-kyoto@karimoku.co.jp

スタッフ一同、皆様のご応募を心よりお待ちしています。

京都店店長 青野 英樹

記事の区切り線

山田照明のZライト

201608171.jpg

1954年(昭和29年)に、山田照明株式会社から「山田式Z型作業スタンド」という、工場などで使用される作業用照明器具が発売されました。
この作業スタンドは日本で考えられたアームスタンドの始まりであり、後に学習机用のスタンド向けへと変化を遂げていきます。

当時工場や作業場などでは、室内全体を明るく照らす全般照明の他に、光源を自由に変えられ、特定の場所を最適な方向から照らし、作業効率を上げるための局部照明が必要とされていました。

その頃、山田照明の創業者が視察旅行でアメリカを訪れた際に、作業用照明として使われていたアームスタンドの機能性に着目し、帰国後に研究と改良を重ね、ようやく「Zライト」が誕生しました。
それ以前の作業スタンドの多くは、単に手元を明るくするだけのタイプが多く、光源の角度や範囲を自由に変えられるスタンドライトの登場は衝撃的だったそうです。

201608172.jpg

そのZライトの第一号モデルを原型とし、復刻されたのがこの「Z-00」です。
元々が工業用ライトということもあり、大きな構成要素はセードとアームの2つで、極めてシンプルな作りをしています。
アーム部分は5本のスチール製の角パイプを組み合わせた主軸と4本のスプリングにより、全体は360度自由自在に動き、好きな位置で止められるようになっています。
またセード位置も、上下左右と様々な角度に動かすことができ、光を自由に操れる動作性能を可能にしました。
しかもシンプルなデザインのセード部分には継目が無く、Zライト開発当初からの変わらない美しいフォルムのままです。

現在このZ-00を含むZライトシリーズは、約50アイテムのラインアップにまで大きく成長し、多くの学習机やオフィス用照明として幅広く使われています。

201608174.jpg201608173.jpg

インテリアの中でも重要となるのが、物や空間を照らしてくれる照明器具です。
照明と言っても、光の色や使用する場所によっても用途が違います。
Zライトはその用途に応じ、デスク周りはもちろん、別売りのベースへ付け替えることで、卓上やフロアライトにもできるので、生活スタイルに合わせてお使いいただけます。

原型である山田式Z型作業スタンドが当時の人たちに必要とされていたように、 これからもZライトは時代とともに進化し続け、使う人が快適で安心できる照明であり続けてくれるはずです。

201608175.jpg


スタッフ 稲葉 悠紀


記事の区切り線

d_travel_1.jpg

d design travelはデザインの視点から各地を紹介するガイドブックです。
その地で長く使われているデザイン、その背景にある風習や文化にスポットを当て、47都道府県毎に一冊にまとめています。

工芸品や建築物、果てはお土産品のパッケージまで、あらゆるデザインとそれに関わってきた人々の暮らし。
その二つの結びつきは意外なところに表れています。
例えば、山口県の主要道路のガードレールは、名産品の夏みかんをイメージした黄色に塗装されています。
ガードレールというありふれたモノのデザインを通して、その土地の風土や歴史に触れる事ができる面白い一例です。

また、沖縄県にはおしぼりをコースターにする独自の習慣があります。
高温多湿の沖縄ではグラスの水滴でテーブルが濡れてしまうため、それを防ぐために生まれたそうです。
こういった普段は意識することのない日本各地に根付く習慣。
それに目を向ければ見えてくるその土地「らしさ」。
この本では伝統や個性が色濃く映し出されている食べ物やお店、観光スポットを紹介しています。

d_travel_2.jpg

この本を読まなければ知る事が無かったかもしれない。
そんなディープな情報がたくさん詰まった一冊です。
旅をより一層楽しく、思い出深いものにしてくれるd design travel。
是非お手に取ってご覧ください。


D&DEPARTMENT PROJECT
d design travel
価格:933円+税/1,400円+税

スタッフ 新井 奈諸美

記事の区切り線

東京都墨田区 Mさん

20160813sumidaku_msan.jpg

以前よりKチェア2シーターとリビングテーブルを愛用していましたが、結婚を機に引っ越しをして、リビングにゆとりができたので来客があった時のことも考え、Kチェア1シーターを買い足すことにしました。

お店へ足を運び実物を見ると、1シーターのサイズ感やスタンダードブラックの生地の質感が、部屋の広さや雰囲気にやっぱりちょうどいいなと思い決めました。

60家具を所有していたこともあり、新居ではカリモク中心の部屋づくりを考えていましたが、たまたま住むことになった部屋は築年数がそれなりにあるマンションで、床がカーペット敷きなど、新築のピカピカさはありませんが、カリモク60はそんな部屋でもしっかり存在感を示してくれて、雰囲気よく馴染んでくれています。


Kチェア1シーター スタンダードブラック
35,500円+税
Kチェア2シーター スタンダードブラック
55,500円+税
リビングテーブル小 ウォールナット色 
24,000+税

記事の区切り線

大阪府大阪市 Tさん

201608081.jpg

カリモク60は、以前インテリア雑誌でKチェアが掲載されていたのを見て知り、いつか自分の部屋にもほしいなと思っていましたが、 結婚、引越しを機にソファの購入を検討することになり、まずKチェアが思い浮かびました。

その後、西宮ガーデンズ店に行き実際に見ると、夫婦揃ってKチェアのモケットグリーンが気に入りました。

デザインや座り心地もとても満足していますが、私たちに親しみのある阪急電車の座席のような、 深いグリーン色のモケット素材と木部の組み合わせがとても良く、お気に入りです。

もともと北欧のインテリアが好きなので、Kチェアのグリーンを中心に北欧の色鮮やかな柄のファブリックと組み合わせていますが、 部屋の中で存在感がありながらも、すっと馴染んでくれます。

これからも大切に使い込んでいきたいと思います。

201608082.jpg


Kチェア2シーター モケットグリーン
 66,000円+税

記事の区切り線

東京都板橋区 Kさん

itabashiku_ksan_1.jpg

引越しを機に1人掛けのソファを探していたところ、こちらのKチェアに出会いました。
手持ちのソファの色味にも相性が良く、ブラックのアームが存在感とフレームのスッキリしたフォルムを際立たせており、気に入っています。

実際に使ってみると、アームトップの曲線が手を置いた時によく馴染みますし、両ひじを置いてゆっくり休めるのは1シーターならではだなと感じました。モケットの肌触りと硬めのしっかりした座り心地にも満足しています。
軽くて移動もしやすく、場所を変えて楽しんでいます。

itabashiku_ksan_2.jpg


Kチェア1シーター Build[ビルド] 新宿店限定モデル
価格:57,000 円+税

※限定品の為、販売は終了しています。

記事の区切り線

ファンになりました

東京都西東京市 Tさん

20160806_tsan_01.jpg

以前からカリモク60を知っていましたが、新宿のお店で実際に初めてカリモク60の製品を見てファンになりました。
新居に合わせて、Kチェア2シーターとDテーブルとイス2脚を購入し、2人で座っても、大きすぎず狭すぎない、程良い大きさがとても気に入っています。

20160806_tsan_02.jpg

Dテーブルとダイニングチェアも、機能的で大人っぽい飽きのこない作りで、いつも気持ち良く食事が楽しめます。
懐かしいようで、今風に感じられるデザインも大好きです。


Kチェア1シーター スタンダードブラック
35,500円+税
Kチェア2シーター スタンダードブラック
55,500円+税
Dテーブル ウォールナット色
56,000円+税
アームレスダイニングチェアⅡ ブラック
30,000円+税

記事の区切り線

← 2016年7月 [ INFO TOP ] 2016年9月 →

バックナンバー