• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2017年6月 [ INFO TOP ] 2017年8月 →

ソファ、テーブル、照明、リビングボード。
こだわりの家具や雑貨が並ぶお部屋にはしたけれど、何かもうひとつ...と感じたことはありませんか。
今回は、空間を演出できるアイテム、モビールのご紹介です。

riki_シーン.jpg

そもそもモビールとは、キネティックアート(動く芸術)の一種で、天井から吊るして楽しむ飾りのこと。
デンマークが発祥で、北欧などでは伝統工芸品として親しまれているようです。
ゆらゆらと揺れ動く様子が、お部屋で過ごす時間を心地よいものとしてくれます。


riki_トップ.jpg

今回入荷したモビールは、「リキモビール シャンブル」。
日本を代表するプロダクトデザイナーの一人として知られる渡辺力氏が、1972年にデザインを手掛けました。そして、シャンブルという名は、渡辺氏が設計した新橋第一ホテル内のメインバー「シャンブル」にインテリアの一部として飾られていたことから名付けられました。



riki_銅と木.jpg

渡辺氏がもっとも愛したとされる銅板と、無垢のチーク材からなるモビール。
素材は重厚ですが、見た目の軽やかさから主張し過ぎない上品な空間を演出してくれます。
銅には、独特の鈍い光り方をするバイブレーション加工が施されていて、塗装をしていないので、銅そのままの色の変化を味わえるというのも魅力的です。
チーク材はオイル仕上げ。こちらも木本来の変化を楽しめ、銅とチークともに素材の良さを活かしたまま作られています。

riki_箱(加工済).jpg

化粧箱に入っているので、贈りものにもおススメです。

絶妙なバランスでゆっくりと、ゆらゆらと動くモビールはお部屋のアクセントになることはもちろん、癒しの効果も期待でき、揺らぎを眺めているだけで穏やかな気持ちになります。
やさしく、優雅な遊び心ある空間演出をぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。



株式会社メトロポリタンギャラリー
リキモビール シャンブル

素材:銅板(バイブレーション仕上げ)
    チーク無垢材(オイル仕上げ)

3連 W435H360(mm) 価格:15,000円+税
4連 W435H500(mm) 価格:18,000円+税
※モビール本体から天井までの吊糸長さ約1m 
※天然素材の為、個体差があります。

※取り扱いは各店舗までお問合せください。


スタッフ 富山 翔太

記事の区切り線

DSC050691.jpg

グラスのスタイルは飲み物の種類で変わることをご存知ですか?
香り、味わい、色などそれぞれの個性を楽しめるように多種多様のテーブルグラスがありますが、今回はそういったシーンを選ばずに使える優秀なグラス、東洋佐々木ガラスのフィヨルドタンブラーをご紹介いたします。

DSC051091.jpg

東洋佐々木ガラスのフィヨルドタンブラーは無駄を削ぎ落としたフォルムと滑らかな触り心地に加え、口当たりの良さを持っています。また、クリスタルと同等の透明度でありながら、破損しやすい口部も欠けに強く、耐久性に優れたグラスです。

美しいデザインと透明感のあるこのグラスに、炭酸がはじけるジュース、琥珀色のお酒などを注いでみてください。落ち着きのあるコースターや、目を引く色柄のコースターで彩りを添えても、また違った楽しみ方ができますので、今の暑い季節におすすめのグラスです。

DSC050941.jpg

ペットボトルではなくグラスを傾けて氷を鳴らす一時を、この夏過ごしてみてはいかがでしょうか?


東洋佐々木ガラス
フィヨルド

9オンスタンブラー 275ml
価格:490円+税

12オンスタンブラー 375ml
価格:530円+税


スタッフ 徳山 光恵

記事の区切り線

daikokuya_0.jpg

日本人の食卓に欠かすことのできないお箸。
みなさんは、自分の手にしっくりとくる、お箸をお持ちでしょうか?

「しっくりくる箸を使いたい」その思いから創業を開始した江戸木箸 大黒屋。
今回は、その魅力を知るべく大黒屋さんを訪ねてきました。

daikokuya_2.jpg

店内に並べられたお箸の数々。一膳一膳美しく、見て触れて楽しめる素敵な空間。
職人さん曰く、「お箸は道具。その美しさはあくまで機能美。使い心地がいいからこそ、美しく見える」のだと。道具としての役割を追及して生まれたお箸が、大黒屋にはあります。

では、いいお箸とは何か。
お箸を選ぶ時のポイントについて伺ったところ、「しっくりくるか」だそう。
手にしたときのしっくり感が大切で、ひとりひとりその感覚は違うので、一概にどれが良いお箸というのはなく、持つ人にとって持ちやすいお箸こそ"いいお箸"なのだということでした。

私自身、3種の形を手にしましたが、その差は歴然。
お箸に対する関心が薄かった事を痛感すると同時に、選ぶ楽しさを感じました。

daikokuya_3.jpg

江戸木箸が生まれる工場にも足を運びました。上の写真は、削り出しと呼ばれる工程。

四角形の棒状のものから五角、八角といった形へと変化させていきます。この工程は、職人さんの手の感覚が頼りだそうで、繊細さが必要とされる技術はまさに熟練のなせる業。

一本一本綺麗で、私たちが見ただけではその違いはわかりませんが、職人さん同士ではだれが作ったものなのかすぐにわかるようです。その点にも、手仕事の凄さを感じました。

今回お話を伺って、より印象的に感じたことは、手仕事の力と職人さんの熱量でした。
毎月200件ものメンテナンス依頼があるそうですが、使い手が職人さんの技術と熱量に魅了されているからこそ、永く愛用し続けたいと思える一膳があるのだと思います。

お箸は、ほぼ毎食手にする必需品です。
食事の時間をより楽しむためにも、最上の一膳をみつけてみてはいかがでしょうか。


大黒屋 江戸木箸

八角削り箸 鉄木 大/23.5㎝  中/21.5㎝ 
価格:1,800円+税

五角削り箸 鉄木 大/23.5㎝  中/21.5㎝     
価格:3,000円+税

八角利休箸 鉄木 23.5cm
価格:5,000+税

七五削り箸 縞黒檀 大/24cm
価格:9,000+税

※取り扱いは各店舗までお問合せください。

スタッフ 富山 翔太

記事の区切り線

東京都小平市 Mさん

●4-2s-.jpg

5年程前に友人からカリモク60を教えてもらい、当時はロビーチェア2シーターモケットグリーンを購入しました。
ロビーチェアの購入以来、いつかカリモク60で家具を揃えたいという憧れがあった事や、ロビーチェアの雰囲気に合うダイニング家具を購入したいという気持ちがあったので、新宿店へ足を運びました。

予算はだいぶ超えましたが、スタッフの方に分かりやすく説明していただき、懐かしさを感じる雰囲気や、シンプルで飽きのこないデザイン、天然木の肌触りの良さが決め手となり購入。
実際に使ってみて、家具自体のデザインはとてもシンプルなので、小物との相性も良くとっても気に入ってます。何より家に来た人からは必ず「 いいね〜 」とか「 オシャレ〜 」と言われ評判も良いです。
これからも永く愛用したいと思います。

ダイニングテーブルT1300 ウォールナット色
アームレスダイニングチェア スタンダードブラック
ベンチ スタンダードブラック
ロビーチェア2シーター モケットグリーン

記事の区切り線

CustomizeYourK2017.jpgのサムネイル画像

7月29日(土)より、カリモク60を代表するKチェアの期間限定企画、「CUSTOMIZE YOUR K」の第2弾がいよいよスタートいたします!
Kチェアの木部塗装色と張地がお選びいただけ、お好みのKチェアにカスタマイズできる特別な企画です。第2弾となる今回は、木部塗装色4色と張地20色と種類を増やし、全80通りの組み合わせからお選びいただけるようになりました。

木部塗装色は、定番のウォールナット色、カフェブラウン色、ピュアビーチ色に加え、新たにマットブラック色が登場。張地では、定番の5色に限定張地15色を加えた計20色という豊富なバリエーションから選んでいただけます。

sample.jpgsample2.jpg

誕生してから55年という年月が経ちますが、昔も今も変わらずに普遍的な存在として作り続けられているKチェア。色褪せない究極のスタンダード、ロングライフなKチェアの特別な限定企画ですので、この機会にぜひ、あなただけの特別なKチェアを作ってみてください。

価格は張地・木部塗装色によって異なります。また、オーダー生産のため、納品までにお時間がかかりますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ねください。


発売期間 2017年7月29日(土)~2017年10月3日(火)

※期間限定の企画ですので、販売数には限りはございません。
※受注オーダー品ですので正式ご注文後のキャンセル・仕様変更は致しかねますのでご了承ください。
※実施店舗は決まっていますが、直営店では全店実施しています。

記事の区切り線

家具は揃えたけど、照明はどんなものがいいかと迷われた経験はございませんか。
照明はお部屋を明るくするだけでなく、インテリアを引き立てる重要なアイテムの一つです。

今回は北欧を代表するペンダントランプをご紹介します。

●DSC06453s-.jpg

フィンランド語で「理想的な」という意味を持つこのランプは、フィンランドを代表する女性照明デザイナー、リサ・ヨハンソン=パッペが1956年に発表しました。
普遍的でシンプルなデザインは、半世紀にわたってフィンランドで愛されています。

●111s-.jpg

大きなアルミシェードの内側には、電球を包み込むようにアクリル(透過)のカバーが付いており、電球の不快な眩しさを抑えてくれます。ソケット部分は真鍮素材で上品な仕上がりですね。
シェード上部が開いているので、天井にも柔らかな光がもれて空間を優しく演出してくれます。またシェードの取り外しが簡単なので、電球の交換やお手入れに手間がかからないのも嬉しいポイントです。

●DSC06460s-.jpg

直接光源が見えないため眩しくなく、ダイニングスペースにもオススメです。テーブル上に設置することで食卓が照らされ、料理が美味しく感じられる効果もあります。

●DSC06455s-.jpg

カリモク60の家具とも相性ピッタリです!
スタンダードブラックと合わせると、大人な雰囲気になりお部屋がグッとしまりますね。
飽きのこないシンプルなデザインだからこそ、長く使っていただけると思います。
実際に店頭にてお確かめください。


イハンネランプ
素材:アルミニウム、アクリル、真鍮
サイズ:W42×D42×H25(cm) 
コード長100(cm)
重量:0.9kg
カラー:ブラック、グレー、ホワイト
生産国:フィンランド(ソケット・器具は日本製)
仕様:E26白熱電球60W×1(電球は付属していません)
LED電球使用可
引掛けシーリング(中間コードハンガー付)
価格:50,000+税

※取り扱いは各店舗までお問合せください。

スタッフ 阿部 恭子

記事の区切り線

東京都千代田区 Mさん

CIMG5673-1s-.jpg

事務所にお客様との商談スペースを設けることになり、そのためのインテリアを探していました。
以前からファンだという知人からの紹介と、インテリアコーディネーターからもカリモク60の話を聞いていたので、実際に新宿店へ足を運び、見て触れて確かめることにしました。

実際に見て、Kチェアモケットグリーンの座り心地や質感、やさしい風合いに惹かれ、
何より安らぎと落ち着きのある雰囲気がイメージ通りで、購入に至りました。

打ち合わせの際にお客様からは「素敵な空間ですね」と褒められることがたびたびあり、シンプルで落ち着くデザインや、少し硬めのシートがほど良く気に入っています。

気持ちも目も安らげるようにとグリーンで統一した空間は、珈琲を飲むひと時でさえ心地良く生まれ変わりました。

CIMG5645s-.jpg

Kチェアミニ モケットグリーン
Kチェア1シーター モケットグリーン
Kチェア2シーター モケットグリーン
リビングテーブル(小)ムテニエ突板
コーナーボード  ウォールナット色
キャビネット ウォールナット色
マガジンラック ウォールナット色
クッション モケットグリーン

記事の区切り線

← 2017年6月 [ INFO TOP ] 2017年8月 →

バックナンバー