• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2017年8月 [ INFO TOP ] 2017年10月 →

2017ワークショップ.jpg

9月24日豊洲店にて、ワークショップ「カリモク60×.URUKUST 革小物をつくろう」を実施しました。
講師に.URUKUST(ウルクスト)土平さんを迎え、革小物「ポーチ」または「名刺入れ」を製作。

~ポーチ製作体験の様子をご紹介~

まずは、革へ刻印を入れるところから始まります。
出来上がりの形を想像しながら、好きなところに、アルファベットや数字の金型をハンマーで打ちつけていきます。

最初は文字が斜めにならないよう恐る恐る・・・とでしたが、打ち付ける力が甘いと、あとで革が柔らかくなった時に文字が薄くなってしまうとのこと。意外にも思い切りのいる作業です。

次に、革の切り口(コバ)を磨きます。
専用のクリームを塗り広げて、乾燥させたヘチマで擦ると、ツヤが出てきます。
断面の毛羽も落ち着いて、見た目が綺麗になります。
ここまでで、下準備は終了。

2017ワークショップ_2.jpg
刻印 / 磨き         


いよいよ革を縫い合わせて、立体的な形をつくっていきます。
縫う作業で使う麻紐は、好きな色を選びます。アクセントになるカラーや、革に馴染む色など、糸の色で仕上がりの印象が大きく変わるので、さまざまな色を見比べながら選びます。

2017ワークショップ_3.jpg

革には針を通す穴が事前に空いているので、裁縫と違って縫い目を真っ直ぐにするのは簡単。
しかし、一針通すごとしっかりと紐を引っ張るので、指先に力がいります。

最後はしっかり紐を結び、留め金具を取り付けて完成!

2017ワークショップ_4.jpg


名刺入れは約1時間半、ポーチは2時間弱の製作体験となりました。
それぞれ、刻印の濃淡がでたり、縫い目の革が少しヨレていたりと、手作りならではの表情が見られました。これから使い込むことで分かる経年変化など、革ならではの愛着を楽しんでいただけますと幸いです。ご参加いただきまして有難うございました。


豊洲店スタッフ 新井 奈緒美

記事の区切り線

2017MD_1.jpg

抜群の書き心地と、余白。
その使いやすさから、毎年ご好評いただいているMDノートダイアリーが今年も入荷しました。

スケジュールの管理なら、スマートフォンやパソコンで簡単に出来る時代。
それでも、あえて「手書き」をしたくなる工夫とデザインが、MDノートダイアリーにあります。

2017MD_02.jpg

(上:MDノート 下:大学ノート)

使用している紙は、このダイアリーのために開発されたMD用紙。
紙質は、手帳の使い勝手を左右する大切な要素であるため、たくさんのこだわりが詰まっています。

インクのにじみ具合、乾きやすさ、裏抜け、引っかかり具合や肌触り。
文字や線を何度も書きながら徹底的にチェックし、すべての項目を通ったものだけが「MD用紙」としてノートやダイアリーになります。

先の細いボールペンや万年筆でも安心の書き心地で、ペンを走らせたときの程よい引っかかりがクセになる書きやすさです。

また、ほのかに黄色い紙の色にもこだわりがあります。用紙自体を製造の過程で淡いクリーム色に着色されているので、日差しの強い屋外や蛍光灯の下でも文字が読みやすくなっています。

2017MD_3.jpg

そしてこのダイアリーいちばんの特徴が、月間スケジュールをとり囲む余白です。

To Doリスト、とっさに思いついたアイデア。そこには、文字やイラストを自由に書くことができます。
さらに、メモページは罫線があるタイプと無地のタイプが2種類。
スケジュール帳としてだけではなく、日々の出来事を書きとめておくダイアリーにもなります。

使い終わった後に一年を振り返ってみると、余白を埋めるように書きためてきたものが思い出になります。
線の太さや流れ、その時々でわずかに変化する文字やイラストなど、手書きだからこそ味わえる感覚があり、また来年も書きたくなります。
MDノートダイアリーは、書く楽しみを感じさせてくれるダイアリーです。


株式会社デザインフィル  MDノートダイアリー(2017年12月始まり)
価格:A5サイズ 900円+税 / 文庫サイズ 1,100円+税

スタッフ 新井 奈緒美

記事の区切り線

WEB11周年.jpg

いつもカリモク60をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
カリモク60豊洲店はおかげさまで11周年を迎えることができました。
日頃のご愛顧に感謝を込めて、豊洲店では9月15日(金)~10月9日(月・祝)まで11周年フェア を開催いたします。  


【フェア内容】

■家具をご成約のお客様〈先着100組様〉に、家具をつくるときに出る「革の端材でつくったオリジナルキーホルダー」をプレゼントいたします。
●キーホルダー写真WEB用.jpg

■11周年記念企画展 「本革の世界」を開催。

11周年本革WEB用.jpg

カリモク60では、展示店限定のKチェアヴォルテライトブラウンが唯一の革製品ですが、私たちのまわりには、靴やバッグなど日頃身に着けている革製品が多くあります。
今回の企画展では、「皮から革」になるまでの工程をわかりやすくご紹介しますので、今までとは違った視点で革について知っていただくことができると思います。

■ワークショップ「カリモク60×.URUKUST 革小物をつくろう」を9月24日(日)に開催いたします。
 まだ定員まで余裕がありますので、是非ご参加ください!


スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。


豊洲店 店長 栗原 麻衣子

記事の区切り線

夏の暑さもやわらいで、本格的に秋の気配を感じるようになりましたね。
肌寒くなるこれからの季節にぴったりなブランケットのご紹介です。

●DSC06592-2s-.jpg

リネンの原料となるフラックスの産地として有名なリトアニアで、2016年に誕生したテキスタイルブランド「LINOO(リノオ)」。
思わず頬ずりをしたくなるような、柔らかな触り心地が気持ち良い薄手のブランケットです。
綿麻素材のヘリンボーン織りに控えめな2色のフリンジがアレンジされています。

●DSC06620s-.jpg

ソファにかけてインテリアのアクセントに。
もちろんひざ掛けとしてもお使いいただけます。ウールに比べて遊び毛が少ないので、スタンダードブラックなど合成皮革のソファでのご使用でもほこりが舞い上がりにくくオススメです。

●DSC06633s-.jpg

サイズは使いやすい100×135cmで、カリモク60オリジナルの別注サイズ。畳むとコンパクトになるので携帯用としても重宝しそうです。

●DSC06628s-.jpg
カラー:ナチュラル/シンプルながら上質な素材感が楽しめます。

●DSC06629s-.jpg
カラー:ブラック/たて糸と横糸のコントラストでヘリンボーン織りが引き立ちます。

カラーはナチュラルとブラックの2色をご用意しました。
リバーシブルでお使いいただけるので、気分によって使い分けもできますね。
天然素材なので、赤ちゃんの肌がけとしても安心してお使いいただけます。

ご自宅用はもちろん、出産祝いや新生活の贈り物としても喜んでいただける一枚。
この機会にぜひ店頭でお確かめください。


LINOO
リネンコットンブランケット
素材:リネン50% コットン50%
サイズ:100×135(cm)
カラー:ナチュラル・ブラック
生産国:リトアニア
価格:8,500円+税
※洗濯機での丸洗いが可能です。(タンブラー乾燥はお控えください。)

新宿店スタッフ 阿部 恭子

記事の区切り線

神奈川県横浜市 Hさん

●P1360311-2s-.jpg

以前から愛用していたKチェアで、品良くシンプルでありながら機能性もあるカリモク60製品に、その良さを実感しておりました。

みんなが集まるリビングにも本棚がずっと欲しいと思っており、今年で結婚10周年を迎えた我が家の記念として、リビングにシェルフを検討していました。
ネットで調べるとカリモク60のシェルフの奥行きと、部屋の中心にある柱の幅が同じだったので、これは良さそう!と実際に店舗に伺い、イメージどおりの素敵なシェルフだったので購入を決めました。

実際にリビングへ置いてみると、元から我が家にあったかのようにサイズがぴったりと収まりました。
また、足の部分と上の2段がオープンになっていて視線が抜けるので、リビングの中心に2台並べて置いても圧迫感がないところが気に入っています。
Kチェアに座って愛猫を膝に乗せ、音楽が流れる部屋で珈琲を飲みながら読書、というのが至福の時間です。
子ども達もリビングに図書室ができた!と喜んで、以前よりも読書量が上がりました。
親子共々、大好きなリビングに図書コーナーができ嬉しく思います。
今は子ども達の本がメインですが、将来は自分たちの趣味のクラシックのCDや楽譜などを収納したりと、永く大切に使っていきたいと思います。

シェルフ
Kチェア1シーター モケットグリーン

記事の区切り線

兵庫県西宮市 Yさん

usersvoice4.jpg

学生時代にカフェで見たKチェアをきっかけにカリモク60を知りました。そのときに憧れだったKチェアを、今から15年ほど前に購入し現在も大切に使っています。

引越しをするにあたって、今使っているダイニングテーブルに合う椅子を探しにお店に行ったときに、このダイニングチェアに出会いました。購入までに何回かお店にお邪魔しましたが、店員さんも感じが良く、サイズやデザインはもちろんですが、やはりカリモクの家具は長く使えて信頼できることから、この椅子にしようと購入を決めました。

色味をおさえ、すっきりとした部屋にしたかったのですが、合わせてみると他の家具とのバランスや部屋のイメージにとてもマッチして、座り心地も良く、とても気に入っています。


Kチェア2シーター スタンダードブラック
アームレスダイニングチェア ウールナップブラウン
ベンチ ウールナップブラウン

記事の区切り線

← 2017年8月 [ INFO TOP ] 2017年10月 →

バックナンバー