• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 2019年1月 [ INFO TOP ] 2019年3月 →

60gentei1

なんの変哲もない、ちいさなコップとフタ付きビン。

60gentei4

よく見てみると「カリモク60」のロゴが入っています。

実はこちら、ビール瓶の着色技術を用いて日本で始めて琥珀色のテーブルウェアを製造した、アデリア60の製造元でもある石塚硝子さんに特別にお作り頂いている、直営店限定のオリジナル保存ボトルと小コップなんです。

保存ボトルは機密性が高いため、お菓子や調味料・茶葉などの保存や、綿棒やコットンなどの湿気が気になるものまで、様々な用途にお使いいただけます。最近では見慣れた形状ですが、元々はマヨネーズを保存するのに用いられる保存瓶でした。
透明なガラスのしっかりとしたつくりとその見た目を生かして、鉢がわりに植物を育てている、なんて方もいらっしゃいます。

60gentei5

そして小コップ。
こちらは、元々は瓶ビールを取り分ける為のビールグラスでした。
最近は瓶ビール自体あまり見かけなくなってきていますが、旅館や大人数の宴会などでは、こういった小コップがまだ現役で活躍しています。
祖母の家などでよく見かけたこの小さいサイズのコップは、今思えば「あぁ、こんなのあったなぁ」とすこし懐かしい気持ちにさせてくれます。

60gentei3

現在では、お酒用というよりも、普段使いの多目的なコップとして購入される方が多いです。
ご家庭でのジュースの取り分けやお冷用、洗面所での歯ブラシ立てやうがい用に、といった日常生活の中で色々な使われ方をしている小コップ。
シンプルな見た目とコンパクトなサイズ感なので、いくつかあるとご来客の際にとっても役立ちます。

世代を超えていつの暮らしにも馴染む、カリモク60の保存ボトルと小コップ。
汎用性が高く、使う人の暮らしにフィットするので、いくつかまとめて引越し祝いに贈るのもオススメですよ。


カリモク60直営店限定
保存ボトル
価格:¥400+税
小コップ
価格:¥280+税

カリモク60直営店全店でお取り扱いしています。
在庫状況などは、お近くの直営店までお問合せ下さい。


スタッフ 田口 侑弥

記事の区切り線

2019.2.23.jpg

日頃よりカリモク60西宮ガーデンズ店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、西宮ガーデンズ店は以前の内装を一新し、2019年2月23日(土)にリニューアルオープンいたしました。

DSC09699.jpg

以前の空間とはガラッと変わりフローリングや天井も明るく開放的な空間へと生まれ変わりました。迫力ある備え付けの3段の家具什器には、Kチェアが中心に並べられ、お店の顔として皆さまをお迎えいたします。

DSC09707.jpg

定番の雑貨には、新しく西宮店に加わったアイテムもありますので、西宮ガーデンズにお越しの際にはぜひお立ち寄り下さいませ。

スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


西宮店店長 後藤 礼子

記事の区切り線

京都府京田辺市 Tさん

今回、空いている和室を音楽関係の作業空間にしようと思い、中心に据える椅子から探し始めました。座って楽器(ベース)を弾くことを想定していたので、お店には楽器を担いで持っていきました。

昭和っぽいテイストのものが好きなので、カリモク60はずいぶん前から気になっていました。昭和感あふれるモケットグリーンも捨てがたかったのですが、店員さんがヴォルテの経年変化後の革サンプルを見せてくださり、その味わいがとてもすばらしく購入を決めました。

s-tobe1.jpg

和室は窓が低めにあるなど重心が低い空間なので、通常の高さの椅子だと視線が高くなりすぎて落ち着かないこともあるのですが、Kチェアは座面が適度に低いので和室でも違和感なく寛げます。またシンプルなデザインはペルシャ柄のようなこってりした柄の絨毯とも意外と良く合うなと思いました。

座っていないときに見える佇まいも端正で気に入っています。きっと座ったときの姿勢も美しく見えるはずです。定期的に手入れをして、良い味が出てくるまで長く大切に使っていきたいと思います。

Kチェア1シーター ヴォルテライトブラウン

記事の区切り線

gazou11.jpg

お部屋の中には必ず置いてあるゴミ箱。リビングルームや和室、洗面所などあらゆる場所にマッチするゴミ箱をご紹介いたします。
サイトーウッドのNo.903モデル(ゴミ箱 上開き)は1958年に発売されてから現在まで時代を超えて多くの人を惹き付け、愛され続けています。

gazou2.jpg

サイトーウッドの製品は、厚さ0.2~1mmにスライスした木材に接着剤をつけ、数枚を重ねた後、圧力と熱を加えて型通りの形状にする成型合板という技術によって作られます。特にゴミ箱は特殊な金型を使用して筒状に作られることもあり、1日に30個程度の生産しか出来ないそうです。

gazou3.jpg

無垢材では難しい曲線を成型合板で作ることにより、繊細で美しいデザインが可能となり、今でもホテルや旅館など業務用としても多く採用されています。みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。またデザインの美しさだけではなく、軽く移動が容易なうえ、十分な耐久性を持ち合わせているため、長くお使いいただける逸品です。


SAITO WOOD(サイトーウッド)

No.903
素材:アユース材 チーク柄
サイズ:Ф25.5cm × H30cm
価格:¥4,700+税

No.903WN
素材:ウォールナット材
サイズ:Ф25.5cm × H30cm
価格:¥5,700+税


大阪店スタッフ 青野 英樹

記事の区切り線

LongLifeDesign1

今回ご紹介するのは、D&DEPARTMENT PROJECTから発売の書籍、「LONG LIFE DESIGN 1」。
こちらは47都道府県それぞれからひとつずつ、「長く使い続けられるもの」をヒントに、計47点のロングライフデザインをまとめたもので、知っているようで知らなかったその土地の物語を写真とともに学べる、とてもユニークな一冊です。

手に取りやすいサイズ感で、分かりやすく端的にまとめられた内容。その製品がいつもはどんな所で使われているのか、想像が膨らむようなわくわくする写真。
家具・日用品・食料品・伝統など、その土地に根付く様々なデザインの魅力や歴史などを、たくさんの方に知ってもらうきっかけになる一冊です。

LongLifeDesign1-2

「え!これってこんな昔から売られていたの?」
そんな発見のある、ロングライフデザインの教科書「LONG LIFE DESIGN 1」。
愛知県からは、今年57年目を迎える「Kチェア」が掲載されています。
47都道府県すべてにロングライフな1品があるので、ご自分の出身地のページを是非めくってみてくださいね。


【D&DEPARTMENT PROJECTとは】
かねてより、日本のデザインについて探求し続けるナガオカケンメイ氏により、2000年に創設。47都道府県にある、それぞれの「個性」と「息の長いその土地らしいデザイン」を物販・飲食・出版・観光などを通して全国に伝える活動体です。

【お知らせ】
2019年3月4日(月)まで、渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMにて「47都道府県の健やかなデザイン展(入場無料)」が開催中です。
詳しくはこちらからご覧頂けます。
LONG LIFE DESIGN 1 47都道府県の健やかなデザイン展(外部リンク)


発売元:D&DEPARTMENT PROJECT
仕様:A5判変形(148×195㎜×20㎜)263ページ、カラー
価格:¥2,600+税


スタッフ 田口 侑弥

記事の区切り線

BUNACO011.jpg

BUNACO(ブナコ)は、青森県産のブナを使い熟練の職人がひとつひとつ丁重に仕上げ、その卓越した製法とデザイン、そして材料を無駄にしない、環境に優しいエコロジーな商品です。
洞爺湖サミットでは各国首相のお土産にも選ばれ、国内外で高い評価を得ています。

今回は、2月8日(金)より開催中の「BUNACO FAIR」で取扱っている雑貨をご紹介します。

BUNACO02.jpg

Tissue Box  SWING
そよ風に揺られるような柔らかいフォルムのSWING。
直線的なイメージのボックスティッシュケースを、ブナコの得意な「曲線で包み込む」ことで生まれた柔らかい形が美しく、見た目も楽しめるティッシュボックスです。

BUNACO03.jpg

(左から、BOWL ♯662/♯262/♯261)

BOWL
シンプルなデザインのBOWL。
ブナの原木を幅10mm、厚さ1mmほどのテープ状に加工し、巻き型をあて、コイル状に器の形にしていく製法は、木材資源を有効に活用できる画期的なもの。
同じサイズで無垢の木から削り出す製法と比較すると、約3%程度の材料で作る事ができます。
表面はウレタン塗装を施しているので、耐水性に優れています。デザインもシンプルなのでサラダボウルなど様々な用途にお使いいただけます。

BUNACO04.jpg

(左から、TRAY ♯2115/♯2114/♯2113)

TRAY
満月をイメージしたTRAY。
シンプルな丸いデザインがブナの美しい木目をひきたてます。用途に合わせてお好みのサイズをお選びいただけます。

BUNACO05.jpg

(左から、Letter Holder SB-L1182/Pen Stand SB-P847/Letter Hoider SB-L1176)

各アイテムとも、専用のボックスに入っています。ギフトラッピングもお承りいたしますので、大切な人への贈り物にいかがでしょうか。

BUNACO06.jpg

今回ご紹介した以外にも、多数お取り扱いしております。雑貨のほか、期間中は照明も点数を増やして展示します。
今回は、豊洲店限定のKチェアとBUNACOの照明をコーディネートしたルームシーンもご覧いただけます。
ブナコフェアは3月3日(日)まで開催しておりますので、特別なこの機会にぜひお越し下さい。


BUNACO
Tissue Box SWING
サイズ:W28.5×D16.5×H11.0(cm)
カラー:ナチュラル・ダークブラウン・キャラメルブラウン
価格:9,000円+税(ナチュラル)
   8,000円+税(ダークブラウン・キャラメルブラウン)

BOWL 
サイズ:φ25.0×H9.5(cm)[♯261]
    φ20.0×H7.5(cm)[♯262]
    φ18.0×H6.0(cm)[♯662]
カラー:ナチュラル[♯261/♯262]
    ダークブラウン[♯662]
価格:12,000円+税[♯261]
   8,000円+税[♯262]
   5,000円+税[♯662]
  

TRAY
サイズ:φ39.5×H1.5(cm)[♯2113]※受注生産品
    φ33.5×H1.5(cm)[♯2114]
    φ20.0×H1.5(cm)[♯2115]
カラー:ナチュラル
価格:15,000円+税[♯2113]
   8,000円+税[♯2114]
   5,000円+税[♯2115]

Pen Stand SB-P847
サイズ:W11.0×D11.0×H11.7(cm)
カラー:キャラメルブラウン
価格:5,000円+税

Letter Holder  SB-L1176
サイズ:W28.0×D8.0×H8.0(cm)
カラー:キャラメルブラウン
価格:7,000円+税

Letter Holder  SB-L1182
サイズ:W14.5×D6.0×H10.0(cm)
カラー:ブラック
価格:5,000円+税


スタッフ 青木 楽

記事の区切り線

東京都世田谷区 Kさん

Users190205

元々、パートナーの職場にKチェアの2シーターと1シーターがあったそうで、ソファについていた「カリモク60」のプレートから、名前を教えてもらったのがきっかけで、カリモク60を知りました。

計画していた住まいはいわゆる狭小住宅で、LDKに1つしかテーブルを置けない環境だったため、コンパクトなソファと、ソファで使えて食卓も兼ねるテーブルを探す中で、カリモク60新宿店へ足を運びました。

程よい座り心地とシンプルなフォルムのKチェアに、高さ60cmのカフェテーブルを組み合わせたサイズ感も気に入り、また新宿店の店員さんがとても親切丁寧に商品説明をしてくださったことや、カフェテーブルに望んでいた新色が登場したタイミングも重なり、購入の運びとなりました。

想定していたとおり、毎日このKチェア&カフェテーブルで、食事をしたりテレビを見たりしてくつろいでいます。
リビングでの大半はKチェアに居ますが、たとえ経年でメンテナンスが必要になっても、カリモクさんならきちんと対応していただけそうなので、安心して使っています。


Kチェア2シーター スタンダードブラック
カフェテーブル1200 ウォールナット色

記事の区切り線

BUNACO-TOYOSU.jpg

カリモク60豊洲店では、2/8(金)~3/3(日)までBUNACO(ブナコ)製品を多数ご覧いただけるフェアを開催します。

「BUNACO」は、青森県のブナの木を有効利用するために開発された、独自のユニークな製法で、全ての工程を熟練の職人がひとつひとつ丁寧に作る木工品です。
独特な丸みのあるやわらかいデザインは、50年以上の実績と技術の積み重ねにより生まれます。
BUNACOの製品はグッドデザイン賞も受賞しており、海外でも高い評価を得ています。

BUNACO-TOYOSU2.jpg

フェア期間中は、ペンダントランプ、スタンドライトなど照明器具をはじめ、ティッシュボックスやペンスタンド、トレーなどの気軽にBUNACOの魅力をお楽しみ頂ける小物雑貨も多数入荷いたします。

シンプルでいてユニークなデザインのブナコ製品は、ナチュラルな空間はもちろん、モダンな空間にもマッチします。

ぜひ、この機会に店頭でBUNACOの魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。
スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。


豊洲店 店長 末田 直生

記事の区切り線

← 2019年1月 [ INFO TOP ] 2019年3月 →

バックナンバー