• TOP
  • CONCEPT
  • INFO
  • USER'S VOICE
  • SHOPS
  • SERVICE
  • RECRUIT
TOP > INFORMATION

information

← 直営店オリジナルの夏の風物詩、「丸うちわ」 [ INFO TOP ] 毎日の大切な道具「江戸木箸」 →

白山陶器「重ね縞」

全体写真.jpg

今回は、白山陶器の「重ね縞」シリーズをご紹介します。白山陶器とは、1779年長崎県に創業した波佐見焼きという磁器を製造している国内メーカーです。
G型しょう油さしや平茶わんなどで知られる、森正洋氏が手掛けた「重ね縞」シリーズは1984年に発表され、2016年にグットデザイン賞を受賞しました。すっきりとしたモダンな印象で、今から30年以上前に作られた作品とは思えませんね。

UP写真.jpg

「重ね縞」シリーズは緩やかに反ったフォルムが特徴的です。少々の煮汁もしっかりと受け止めてくれます。角は丸みをおびて柔らかい印象を与えます。
また、ペン画タッチのブルーの縞模様は焼き物伝統の色合いながら、お皿の真ん中で二重に重ねることでリズム感のある柄になっています。縞模様の密度の差によってツートーンに見えるところも面白いですね。

アイテム展開写真.jpg

数種類のサイズがあり、さまざまなお料理に使えます。すっきりとシンプルなデザインであるため、現在お持ちの食器と併用し易く、かつ卵焼きやパスタ、エビチリなど和洋中問わず活躍してくれます。
柄に合わせて片方はご飯でもう片方はおかずといった盛り付けをしてみると、また違った表情を見せてくれ新鮮です。

使えば使うほどに新たな一面を見せてくれる「重ね縞」シリーズ。食器棚に加えてみてはいかがでしょうか。


白山陶器
重ね縞 反角多様皿
サイズ:21×21cm
価格:2,800 + 税

重ね縞 反角中皿
サイズ:16.5×16.5cm
価格:1,500 + 税

重ね縞 反角小皿
サイズ:10×10cm
価格:900 + 税

重ね縞 長焼皿
サイズ:25.5×11.5cm
価格:1,500 + 税

※取り扱いは各店舗までお問い合わせください。


スタッフ 青木 楽

← 直営店オリジナルの夏の風物詩、「丸うちわ」 [ INFO TOP ] 毎日の大切な道具「江戸木箸」 →

バックナンバー